富士山に登れるアンチエイジング

『定年後、元気いっぱいで、富士山に登れる若い体を手に入れたい』を目標にアンチエイジングに、健康管理に頑張ります。

ビタミンCって一日にどのくらい

ビタミンCって一日にどのくらい取ればよいのでしょうか。

新型コロナで話題の免疫にも関係があるし、美容にも関係がありますね。

できれば、十分な量を摂りたいものです。


20201203_1.jpg




応援クリックありがとうございます。



 にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ
にほんブログ村





ビタミンCは、サプリメントなどでもおなじみの、美肌に欠かせない成分。


★ビタミンCの効果

そもそも、ビタミンCとは。

まずは、免疫力アップです。

風邪をひいたときにはビタミンC。ビタミンCには体全体の免疫力を上げて、風邪や肌トラブルを防いでくれる効果があります。

また、ストレス対抗ホルモンの生成にも関わっているという、すぐれもの。

骨や腱を形成する、コラーゲンを作るときもビタミンCが使われます。

ビタミンCが不足するとコラーゲンが体内で不足。
血管や関節がもろくなってしまいます。

ビタミンCはお肌にというのもありますが、健康や身体の維持にも、大切な栄養素です。

20201203_3.jpg



★一日に必要なビタミンC

成人女性で約75mgといわれます。

体内で生成できません。
食べ物やサプリメントから摂るしかありません。

ビタミンCは野菜や果物、特にかんきつ類やブロッコリー、ピーマン、キウイフルーツに多く含まれます。

赤ピーマン半分(約60g)で102mg。
ブロッコリー4分の1個(約60g)で72mg。
イチゴ4分の1パック(約90g)で56mg。

ビタミンCのイメージがある、レモン1個の果汁に含まれるビタミンCは約20mg。
酸っぱいから多い訳ではありません。


20201203_2.jpg



ビタミンCは水に溶けやすいだけでなく、加熱調理でも分解されてしまいます。

温野菜や炒めものでたくさん野菜と思っても、意外と量が少ない場合も。

野菜ジュースやサプリメントで摂取したばあいは、生野菜のビタミンCに比べ、体外に早く排出されやすい面もあります。

余分なビタミンCは、排泄されます。

知識を生かして、十分な量を。

190210_2.jpg





応援クリックありがとうございます。



 にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ
にほんブログ村







関連記事
[ 2020/12/03 04:32 ] ★栄養素 ビタミン | TB(-) | コメント(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
anadvertisement
ブックマークの登録
ブックマークに登録すると、
新着記事がラクラク読めるようになります♪

お気に入り登録はこちら

次回から簡単にアクセス♪


カテゴリ