富士山に登れるアンチエイジング

『定年後、元気いっぱいで、富士山に登れる若い体を手に入れたい』を目標にアンチエイジングに、健康管理に頑張ります。

マスクでの口呼吸は危険

マスクでの口呼吸は危険だそうですね。

息苦しさを解消する「長生き呼吸法」について

20200622_1.jpg




応援クリックありがとうございます。



 にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ
にほんブログ村



今年は、夏もマスクが必要そうです。

夏場のマスクは、息苦しい、そして暑い。

しかし、新型コロナのためには、必要なようです。

そこで、暑い夏のマスクでの注意点をいくつか。


マスクでの口呼吸は、逆に免疫力を下げる

マスク着用による息苦しさから、口呼吸になっている人が増加しているようですね。

鼻呼吸は、空気が鼻腔の粘膜を通ることで、ウイルスや細菌などの異物を除去しています。

口呼吸だと、それがないため、汚れたままの空気が肺に入ってしまいます。

口呼吸の空気は、鼻呼吸より冷たいため、肺や横隔膜、腸が冷えやすく、
細胞の炎症を引き起こしやすくなります。

口呼吸は感染症を含む、万病のもと。

では、どうすればマスクでの、鼻呼吸ができるのでしょう。


鼻呼吸の習慣

マスクをしていない自宅で、毎日しっかりと鼻で深呼吸することが大切。

鼻で深く呼吸することを意識していると、
マスクを着用した際も、口呼吸にならずにすむ。


自然と鼻呼吸の習慣を身につけたいものです。


①まっすぐに立つ。両手は左右のお腹のろっ骨の下をつかむ

②上体を前に倒しながら、6秒、口から息を吐く
(同時に、脇腹の肉をおへそに集めるイメージで両手に力を入れる。腸に刺激を与える)

③背中を反らしながら、3秒、鼻から息を吸う
(同時に、腸に刺激を与えていた両手の力をゆるめる)

※1日1分、②~③を繰り返す

20200622_3.jpg


期待できる健康効果は

・自律神経を整える

・腸内環境を整える

・吐く時間を長くすることで、リラックス効果をつかさどる副交感神経が高まる。
 不安やうつ症状など、効果。

・腸のマッサージで、腸内フローラのバランスも改善

・腸の免疫細胞の活動も活発になり、免疫力アップ


ゆっくり落ち着いて、鼻呼吸で健康を維持しましょう。



20200622_2.jpg





応援クリックありがとうございます。



 にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ
にほんブログ村


[ 2020/06/21 18:41 ] ★健康法 マスク | TB(-) | コメント(1)
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2020/06/22 15:47 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
anadvertisement
ブックマークの登録
ブックマークに登録すると、
新着記事がラクラク読めるようになります♪

お気に入り登録はこちら

次回から簡単にアクセス♪


カテゴリ