富士山に登れるアンチエイジング

『定年後、元気いっぱいで、富士山に登れる若い体を手に入れたい』を目標にアンチエイジングに、健康管理に頑張ります。

老化を加速させる行動

老化は、しかたがないものです。

しかしながら、少しでも遅くしたいものです。

できれば、加速させる行動は、避けたいですね。


20200322_1.jpg



応援クリックありがとうございます。




確実に迫る、老化の足音ですが、加速させてはいけませんね。

加速させてしまう、要注意事項を紹介します。


・背もたれなしの椅子に座れない

おしゃれカフェ・レストラン、癒しの時間。

ただし、長時間になると...

座り心地のよいソファー、背もたれにゆっくりくしてしまいがち。

これが、ぽっこりお腹の体型の原因に。

身体を預けて椅子にもたれて座ると、骨盤の歪みや体幹の衰えにつながります。

肩の力を抜き、腰を立て、姿勢よく体の中心軸を意識しましょう。


20200322_3.jpg




・荷物がなくてもエスカレーター

次第に衰えるのが足腰、そして膝。

いずれも筋力の低下が大きく影響しています。

脚力が衰えないよう、積極的に階段を使いたいですね。

すでに、膝や腰を痛めてしまっている場合は、むりのないように。

まだ大丈夫なうちに、階段を使うようにしたいですね。

上りは、パワー、下りはバランス感覚が養われます。


20200322_1.jpg




・洋式トイレ

今では、駅や公共施設などでも、ほとんどが洋式トイレです。

ほとんどの人が「洋式の方が入りやすい」と感じ、常識にもなっています。

しゃがんだ状態で身体をキープするのは、
意外と体幹も脚力も必要です。

日常生活で和式トレイに入ったつもりで、
「10秒しゃがむ×トイレの回数」の運動が、老化対策になります。


・高い所に物を置かない

普段から背伸びをして高い収納。
自然と避けてしまいがちですが、高い場所は、運動のチャンスが増えます。
腕を上に伸ばす動作は、凝り固まった肩を収縮させ、血流を促してくれます。

高いところのお掃除も効果的ですね。


20200322_2.jpg




日常の動きを工夫し、運動にしていきたいものです。

「めんどくさい」と感じた時が、老化のサインです。

そんな時こそしっかりと動かして、運動しましょう。
身体のバランスの悪さは、むくみや歪みとなってそのまま顔にも現れますそうですから、

ちょっとした意識改善から始めてはいかがでしょうか。




応援クリックありがとうございます。



 
[ 2020/03/23 20:17 ] ★健康の知識 老化 | TB(-) | コメント(2)
こんにちは^^富士山8年前に登りました。また登りたいです。めんどくさくなっている運動を意識的にやらないとですね。ありがとうございました
[ 2020/03/30 10:16 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
コメントありがとうございます。
たしかに運動は大事な健康要素ですね。
無理なく頑張りたいですね。
[ 2020/03/31 11:02 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
anadvertisement
ブックマークの登録
ブックマークに登録すると、
新着記事がラクラク読めるようになります♪

お気に入り登録はこちら

次回から簡単にアクセス♪


カテゴリ