富士山に登れるアンチエイジング

『定年後、元気いっぱいで、富士山に登れる若い体を手に入れたい』を目標にアンチエイジングに、健康管理に頑張ります。

寝坊でも、まずバナナ1本

自律神経のバランスを整えることは、健康を保つためには、重要な要素です。

朝食を抜いてしまうことが多い、現代ですが、
なんとか抜かないでおきたいものですね。


170827_3.jpg




応援クリックありがとうございます。



 

厚生労働省の「国民健康・栄養調査」によると、
朝食をとる習慣のない人の割合を示す「朝食欠食率」は年々増加傾向。

とくに、働き盛りの20~40代では、3~4人に1人になるそうです。

たとえ寝坊をしても、朝食は絶対に食べるべきといわれますが、
理由はいかに。


朝食を抜くと、自律神経のバランスが乱れ、その状態を引きずったままの1日になってしまいます。

それを考えると、何とか朝食は、とっておきたいですね。


理想的には、
・栄養バランスの良い食事
・ゆっくり時間をかけて
朝食は自律神経にとって重要なんですね。

しかしながら、生活習慣を朝型にできないという事情も、いろいろあると思います。

たとえば、コップ1杯の水、トースト、バナナ、ヨーグルトとか、かんたんなものでも。

20170728_2.jpg



水を飲むと、胃腸が適度に刺激され、自律神経がスムーズに切り替わります。

1杯の水は、とても効果があるようですね。

また、とにかく時間がない、バナナ1本だけでもかじってみましょう。

バナナなら、カロリーも十分(1本あたり約86キロカロリー)、
食物繊維(100グラムあたり1.1グラム)も多く、
ビタミンB群も豊富です。

 
マラソンランナーやサッカー選手が、競技前にバナナを食べることが多いのも、うなずけます。


一度乱れた自律神経をリカバリーするのは簡単ではないようです。

その日は乱れたままに終わってしまうこともあります。

20200318_1.jpg


自律神経のバランスを整える。
バナナ1本でもそれができるなら、かんたんですね。

もちろん、一番いいのは、朝、昼、夕、1日3回、規則正しくバランスの良い食事。
おいしく楽しんで食べる。





腸が動くと、肝臓に多くの血液が流れ、続いて心臓に流れ、
血液が体内をどんどん循環し、
もちろん、頭への血流も良くなります。

朝食をちょっと見直すだけで、頭がスッキリするかもしれませんね。 




応援クリックありがとうございます。




関連記事
[ 2020/03/18 14:50 ] ★睡眠と健康 自律神経 | TB(-) | コメント(2)
朝食はしっかり食べないといけないなって
思います。
[ 2020/04/07 21:36 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
れなさん
コメントありがとうございます。

その日1日のためには、朝食は大切なものですね。
しっかり健康を維持したいですね。
[ 2020/04/18 09:53 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
anadvertisement
ブックマークの登録
ブックマークに登録すると、
新着記事がラクラク読めるようになります♪

お気に入り登録はこちら

次回から簡単にアクセス♪


カテゴリ