富士山に登れるアンチエイジング

『定年後、元気いっぱいで、富士山に登れる若い体を手に入れたい』を目標にアンチエイジングに、健康管理に頑張ります。

飲みやすいお酢ご注意

飲みやすいお酢。実は糖質の多い飲み物を飲んでいるかも。

飲みすぎには、注意ですね。


1805603_1.jpg



応援クリックありがとうございます。



 

以前有名なフレーズで、、「まずい! もう一杯!」というのがありました。


食品会社は「おいしくない健康食を長く摂取してもらうため、いかにおいしくするか」に努力しています。

そのため、「おいしいけれども健康的とはいえなくなる食品」も少なくありません。

そのひとつが、「飲みやすいお酢」。

181001_2.jpg



酢は、穀物や果実をアルコール発酵させたもので、
純米酢、玄米酢、黒酢、バルサミコ酢、ワインビネガー、リンゴ酢などが、ありますね。

酢酸という成分が独特の酸っぱい味をつくるため、
飲みにくいけれど、クエン酸やアミノ酸が豊富なことから疲労回復効果が期待されます。

肉や魚などを酢漬けにすると、
老化促進物質のAGE(終末糖化産物)が低く抑えられるます。


酢はそれだけ体に良い、優れた食品です。

私はお酢を飲むこと自体は悪くはないです。

ポイントは、飲みづらいお酢を、飲みやすくするため、なにを添加しているかです。

お酢は水で薄めても酸っぱくて、飲みやすいものではありません。

そのため、ブドウ糖、ハチミツ、果糖などが添加された糖質量の多いお酢があります。

口当たりが良いお酢で、毎日たくさん飲めてしまいます。


結果、糖質の多い飲み物の飲みすぎになってしまいます。


表示を見て、内容物を確認し、一日の分量をしっかり決めて、
飲みすぎないように注意しましょう。

糖尿病や、血糖値が気になる人はとくに注意が必要ですね。


180703_3.jpg


応援クリックありがとうございます。






コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
anadvertisement
ブックマークの登録
ブックマークに登録すると、
新着記事がラクラク読めるようになります♪

お気に入り登録はこちら

次回から簡単にアクセス♪


カテゴリ