富士山に登れるアンチエイジング

『定年後、元気いっぱいで、富士山に登れる若い体を手に入れたい』を目標にアンチエイジングに、健康管理に頑張ります。

にんにく、玉ねぎ、アリイン・アリシン、硫化アリルで血液サラサラ 

含流化合物は、硫黄を含む化合物ということで、含流化合物と言います。

ざっくり、ネギ、アブラナ、その他の3種。

まず、ネギ組から、アリシン、アリイン、硫化アリル、アホエン。

7.含流化合物

まずネギ組からです。

ニンニクやネギに含まれるアリインは、無臭なのですが、切ったり調理で、分解され、アリシンや硫化アリルに変化します。

アリイン・アリシンは、ほぼ効果は同じです。

滋養強壮と、疲労回復効果があります。ニンニクで、スタミナと言われる理由ですね。

まず、体内でビタミンB1と結びつき、体内に長くビタミンB1をとどめておいてくれます。
そのため、ビタミンB1のエネルギーを生みだす効果も長持ちします。

次に、血液サラサラ効果があります。血液凝固を抑える。血栓を溶かす。
心筋梗塞や脳梗塞など、予防効果が期待です。

血液中の脂肪燃焼を盛んにします。
さらに、コレステロール値の上昇を抑えます。
成人病の予防に効果期待ですね。

phyto72.jpg

また、強力な抗酸化力もあります。アンチエイジングですよ。

そして、抗菌、抗カビの力もあります。

ねぎが薬味として使われる理由は、おいしさのためだけでなく、アリインの抗菌作用で、食中毒を防ぐいみもあったのです。

ガーリックトーストとか、アリシンの香りは、唾液や胃液の分泌、胃腸を活発にさせ、食欲増進や、消化吸収に効果があります。

膵臓の機能をアップさせて、インスリンの分泌を促し、糖尿病の予防にも、効果が期待できます。

硫化アリルは、抗酸化力、解毒作用、抗菌効果、がん細胞を破壊へ導く効果があります。

ただし、摂り過ぎ注意、アレルギー注意な物質です。

アリシンは、37度で、二硫化アリルへ変化します。
揮発性があり、刺激、においもします。

この刺激が、ネギを切ると涙が出る理由です。

特に、鼻で呼吸をすると涙が出やすいです。


アホエンとは、アリイン、アリシンの仲間です。

簡単にいうと、アリインが合体したようなものです。
こちらも、抗酸化力、血液サラサラ効果、抗菌作用があります。

phyto71.jpg


【アレルギー注意】

にんにくアレルギーとか、玉ねぎアレルギーと言われます。

アレルゲンは、硫化アリルです。

にんにく、玉ねぎ、長ねぎ、にら、ラッキョウなど、ユリ科の植物は、注意です。

症状は、いろいろですが、嘔吐、ゲップ、吐き気、腹痛、下痢、背中の痛み、口の周り、喉の粘膜、肌のかゆみ、クシャミ。

調理師さんや、主婦が、ネギを切ったら、手が赤くなってかゆいなども、同じです。

43度で、揮発するので、加熱が十分なら少なくなっていますが、少量でも、ショック症状が出る場合もあります。

過去に、アレルギーを起こしたことがある場合は、充分な注意と、アレルギー専門の病院での検査を
しておきましょう。


【食べ過ぎ注意】

まーとにかく、強力なので、食べ過ぎは、要注意です。

胃液の分泌を盛んにしますので、胃や腸を荒らします。
空腹時に生で食べるのは、だめです。

血圧上昇、肝臓障害なども。
高血圧、腎臓病などの人は、生食を常食にしてはいけません。

長期間の生食も、いけません。腸内の善玉菌も抑えてしまいます。
結果として、舌、口角、唇、皮膚などの炎症が起こります。

ニンニクは、生食なら1日1片。加熱、酢漬、醤油漬などなら、1日3片まで。
それで、2~3日に一度で十分。

個人差もありますから、食べ過ぎには充分注意が必要です。


【うんちく】

これまた、分類がややこしいですね。

ネギの仲間に含まれるのは、ポリスルフィド類、チオールスルフィド類、スルフィニルジスフィド類。

これは「類」なので、ポリスルフィド類にあるのは、ジアリルジスルフィド、ジアリルトリスルフィド。
これは、硫化アリルの仲間です。

チオールスルフィド類には、アリシン。

スルフィニルジスルフィド類には、アホエンがあります。

アブラナの仲間に含まれるのは、イソチオシアネート類のワサビスルフィニル、スルフォラファン、スルフォニウムクロライド(ビタミンU)。

また、システインスルホキシドという分類もあり、アリシン、アリインは、ここでも登場します。

まあ、複雑な有機化学の世界なので、生成による分類が、いろいろあるようです。

スルフィネート=スルフィドですって。

統一してほしいですね。

硫化アリルと二硫化アリルは、性質も似ていて仲間の物質ですが、

硫黄の粒(分子)が、1個なら、硫化アリル。
2個なら、二硫化アリルです。

ニンニク、ネギなどには、両方入ってます。

応援クリックしていただくと、うれしいです。

 

フラバノングループ、ナリンギンでダイエット、ごまのリグナン、生活習慣病を予防せよ

続いてフラバノンの代表選手、

ナリンギン

ナリンギンとは、ファイトケミカルで、
ポリフェノールに分類され、
その中のフラバノングループの中の物質です。

効能、効果としては、食欲の抑制です。

苦味成分があって、これが食欲を抑制し、満腹感を得やすくしてくれます。

その結果、ダイエットにつながるわけですね。

血栓の防止と、血中脂肪酸の分解作用があります。

さらに、血管の抵抗力を高めてくれます。
血管の細胞の結合を丈夫にするので、血管そのものも、丈夫にしてくれます。

その結果、血流の改善につながります。


また、アレルギー抑制効果も持っています。
症状の緩和と、免疫力を高めウイルスへの抵抗力も、強くしてくれます。

ありがたいのは、生活習慣病ですね。

抗酸化作用によって、活性酸素の増加を抑えます。
コレステロール値を抑える効果もあるので、活性酸素による、コレステロールの酸化も抑えられるのですね。

お肌の美白については、どうでしょう。
メラニンの産生を抑制する研究結果もあり、効果期待ですね。

多く含まれる食品は、柑橘系で、みかん、グレープフルーツ、レモン、オレンジ、夏みかん、はっさくなどですね。

phyto51.jpg


食べる部分に注目です。

実よりも、袋やすじの部分に多いのですね。

袋には、実の50倍、すじにはなんと、実の300倍も含まれます。

ナリンギンの含有量ですが、グレープフルーツなど、ジュース100ccあたり10mgから80mg。種類により違います。


6.リグナン ごまは大切

リグナンも、総称名でポリフェノールの仲間です。

セサミン、セサミノール、セサモール、セサモリノール、セサモリン、などがあります。

また、これらの物質は、ごまに含まれるリグナンということで、ゴマリグナンとも、言われます。

当然、ごまにないリグナンもあって、ポドフィルムという植物の根にある、ポドフィロトキシンは、抗がん剤にも利用されます。

ゴマリグナン

ゴマリグナンの仲間は、だいたい同じ効果を持ってます。

肝臓の機能を助けてくれます。
アルコールの代謝の働きを助けて、肝臓の負担を軽くします。
また、脂肪を燃やすためのサポートもしてくれます。

善玉(HDL)コレステロールの増加、悪玉(LDL)コレステロールを減らしてくれます。

血圧を下げる働きがあり、高血圧の予防になりますね。

抗酸化作用が高いので、ガン予防と抑制する効果も期待されてます。

phyto61.jpg


亜麻リグナン

亜麻仁(アマニ)別名アカゴマ に含まれるリグナンが、亜麻リグナンです。
亜麻仁の種の部分で、赤いごまのようなので、アカゴマとも言うわけです。

代表は、難しい名前ですけど、セコイソラリシレジノールジグルコサイドと言います。

これは、女性ホルモンの、エストロゲンと同様の働きを持つので、

更年期障害の症状の緩和と改善、骨粗しょう症予防、コレステロール値を下げます。

内臓脂肪量減少、血液中の中性脂肪低下により、肥満予防にも効果が期待です。

ダイエットにもつながるんですね。

ただし、女性ホルモンの働きをしますから、摂り過ぎは、副作用があります。

イソフラボンの【摂り過ぎ注意の話】を参照してくださいませ。

phyto62.jpg

応援クリックしていただくと、うれしいです。

 にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ


フラバノンのグループ、結構すごいみかんで健康ヘスペリジン

さて、次のファイトケミカルは...

5.フラバノン 柑橘系は袋とすじを食べよう

だんだんややこしくなってきました。

ファイトケミカル の中の ポリフェノール の中の

フラボノイド の中の 1グループである、フラバノンです。

フラバノンもグループの名前なんですね。

では、フラバノンのグループには、どんな成分のファイトケミカルがあるのでしょうか。

代表選手は、ヘスペリジン、ナリンギンです。

フラバノンのグループはだいたい同じ働きを持ってます。
まあ、同じだからグループなんですよね。

代表選手でも、少々働きに違いがあるようなので、

別々に見てみましょう。

ヘスペリジン

結構すごいですよ。

まず、血管を丈夫にしてくれます。

血管のもとは、コラーゲンですね。
コラーゲンを作るには、ビタミンCの働きが必要です。
ヘスペリジンは、ビタミンCの働きを助けてくれます。

末梢の血管では、酸素や栄養を身体の細胞と、やりとりするのですが、この時大事なのが、血管の透過性というものです。

多すぎてもだめだし、少なすぎてもだめ。

ヘスペリジンは、透過性を調節する機能があるんですね。

結果として、血流がよくなって、冷えにくくなるという効果もあります。

そのうえ、高血圧の予防や改善にもなるわけです。

さらには、花粉症の効果もあります。
アレルギー反応が起こると、透過性が高くなりすぎる傾向があります。
ヘスペリジンの、透過性の調節機能で、症状の緩和につながります。


また、ズバリ、悪玉(LDL)コレステロール、中性脂肪の低下。
善玉(HDL)コレステロールの増加、こんなありがたい効果があります。

まさに、生活習慣病の予防です。


驚いたことに、ヘスペリジンには、骨密度の低下抑制という、効果があるので、骨そしょう症の予防になります。

まだまだ、あります。
抗炎症作用や、抗不安作用までついてますよ。

当然ですが、抗酸化作用もお持ちです。


いやはやなんともすごいですね。

phyto51.jpg



【ご注意】

グレープフルーツに含まれる、フラバノンには、薬との飲み合わせがあります。

薬がいつまでも、強く効果が出てしまいます。

これは、グレープフルーツ以外でも、起きる場合があります。

薬を飲んでいる場合は、ドクターによく聞いておきましょう。


【うんちく】

いろいろ調べてみると、フラバノンで研究が進んでいるのは、一部のようです。

見つかっているだけでも、

イソサクラネチン
エリオジクチオール
ホモエリオジクチオール
サクラネチン
サクラニン
ステルビン
ナリンギン
ナリンゲニン
ピノセムブリン
ヘスペレチン
ブチン
ヘスペリジン 
ポンシリン などなど...

おおむね、どれにも苦味を感じにいように、働く作用があります。

応援クリックしていただくと、うれしいです。

 にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ



大豆に女性ホルモン、更年期障害にイソフラボン

ファイトケミカルは、いろいろあって、おもしろいですね。

なんとなく知っているつもりでも、知らないことも多くあって、調べているとたのしいです。

4.イソフラボン 大豆は大事 でも食べ過ぎ注意

イソフラボンというと、大豆とか豆乳とか連想しますね。

イソフラボンは、女性ホルモンであるエストロゲンと似た働きをします。

代表的なのは、更年期になった女性は、エストロゲンの分泌が減って、いわゆる、更年期障害でイライラやのぼせの症状がありますが、それを抑えてくれますね。

また、エストロゲンの分泌が減ると、骨のカルシウムが溶けやすくなります。
骨そしょう症になりやすいのですが、イソフラボンは、エストロゲン同様に、カルシウムが溶けるのを抑えてくれます。

さらに、エストロゲンの過剰分泌の際には、分泌量を抑えてくれる、抗エストロゲン作用というのがあります。

ありがたいことに、エストロゲンの過不足を調整してくれるのですね。


そして、美肌効果も期待できます。

エストロゲンと同様、女性らしい体をつくる働きとして、
コラーゲンやヒアルロン酸をつくる力があります。

さらには、血液にコレステロールが増えすぎた場合、減少させるという効果があります。
イソフラボンを多く摂取する地域では、心筋梗塞の患者数が少ないという研究結果があります。

がん予防にも効果があり、前立腺がん、乳がんの防止や、増殖を抑える働きがあります。

食べ物では、大豆、レッドクローバー、葛の根に多く含まれます。

納豆、豆乳、豆腐、きなこ、みそなど、大豆食品が摂りやすいですね。

phyto41.jpg


大人 1日あたりの摂取は、40~50mgです。

納豆1パック60g、豆腐(半丁)150gぐらいの量です。

少しでいいので、助かります。

特に、納豆は大好きです。


【摂り過ぎ注意の話】

ファイトケミカルの1つとはいえ、ホルモンと同じ働きを持ってますから、当然たくさん摂るのは、どうなんでしょう?

当然ですが、女性ホルモンのバランスがおかしくなって、月経周期の遅れ、子宮内膜増殖症のリスクが指摘されてます。

研究結果では、エストラジオールという、ホルモンが、約33.3%も、濃度が低下。11.7%も月経周期が延長という結果があります。

そこで、妊婦、乳幼児においては、特定保健用食品として、追加摂取は推奨していないのですね。

細かく知りたい場合は、こちらを参考にどうぞ。

日経・「大豆イソフラボン」の過剰摂取に警鐘
http://www.nikkeibp.co.jp/archives/421/421862.html

厚生労働省・大豆及び大豆イソフラボンに関するQ&A
http://www.mhlw.go.jp/houdou/2006/02/h0202-1a.html#q06

大豆イソフラボンを含む特定保健用食品の安全性評価の基本的な考え方
2006年5月 食品安全委員会 新開発食品専門調査会
http://www.mhlw.go.jp/houdou/2006/02/h0202-1a.html#q07


【研究のうんちく】

実は...イソフラボンは、フラボノイドの中の1グループ名です。

イソフラボンの仲間として、ゲニステインやダイゼインがあります。

両方とも、大豆にあって、効果もほぼ同じということで、イソフラボンでいいのかなと、世の中的になってます。

イソフラボンには、血管の増殖や、無秩序な細胞の増殖を止められる可能性が、がん治療に有効ではないかという研究がされています。

ゲニステインを適切な濃度にすれば、
子宮頸がん、乳がん、大腸がん、
前立腺がん、脳腫瘍など、
防止効果が期待されています。

ただし、乳がんの場合は、逆に働くこともあるので、これからの研究待ちです。

また、ゲニステインは、放射線治療への感受性を高めるということも言われます。

さらに、動物実験では、ゲニステインが白血病を治療するという結果もあり、期待が大きいイソフラボンなのです。

応援クリックしていただくと、うれしいです。

 にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ



ブルーベリーで目の健康、アントシアニン

ファイトケミカルの、続きです。

3.アントシアニン 目の健康なら

アントシアニンは、目にいいというのは、よく聞きますね。

なぜ目にいいのでしょうか?

知りたかったので、調べてみましたよ。

モノが見えるのは、網膜にあるロドプシンという物質が、光にあたると、分解して電気を出します。

その電気信号が、視神経に伝わって、見えるということになるのですね。

その後、分解したロドプシンは再合成し、またもとに戻るのですが、あまりに、目を酷使すると再合成が追い付かず、見えづらく感じるのです。

アントシアニンは、ロドプシンの再合成を助けるので、よく見えるようななるわけですね。

アントシアニンは、色素です。
植物が、紫外線から身を守るためにつくるものです。

種類は発見されたものだけで、500以上あります。

眼精疲労、視力低下の改善、網膜の病気の予防などに役立ちます。

もちろん、これだけではありません。

抗酸化作用もあります。

水晶体が白く濁って見えづらくなる、白内障を予防します。
抗酸化作用により、白濁を防止してくれます。

緑内障は、視神経のダメージで見えなくなるものですが、
こちらも抗酸化作用により、視神経のダメージを予防します。

まだまだありますよ。

脂肪の合成を抑える働きがあるので、内臓脂肪がたまらないようにしてくれます。
その結果、メタボリックシンドロームの予防になります。

さらには、血糖値の上昇も抑えてくれますし、動脈硬化を抑える効果もあります。


そして、ヒスタミンを減少させるという効果もあるので、花粉症にも効果が期待できるのですね。

当然ですが、合成着色料とは違って自然の色素なので、安全性が高く、アントシアニンは食品分野で、いろいろな加工食品の着色に利用されます。

いやー、アントシアニンさまさまです。

アントシアニンが多いのは、ビルベリー、
カシス、ブルーベリー、黒豆、ナス、
ブドウ、紫いも、紫キャベツ、紫たまねぎ、シソなど。

phyto31.jpg


紫色の食べ物と考えると、わかりやすいですね。

長時間の加熱には、弱いのと、長期間の保存にも向かないので、新鮮なうちに、なるべくそのまま食べるといいですね。

紫キャベツのサラダ、ブルーベリージュースとか。

おいしそうです。

ちょっと残念ですが、アントシアニンは体に吸収されたあと、24時間以内に、尿と一緒に体の外へ。
ということですから、毎日続けて、摂ることが、大切です。

しかし、毎日、紫キャベツのサラダ..

というわけにもいかないですから、適当に、紫野菜のジュースとか、サプリメントとかで補給するといいのですね。

応援クリックしていただくと、うれしいです。
 にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ
ブログパーツ

アトピー花粉症、美肌のルテリオン、お茶には、カテキン

ファイトケミカルの、それぞれの期待される効果は?

ファイトケミカルの種類や効果について、いろいろ紹介します。

1.ルテリオン しそを食べて美肌

あまり有名では、ないんですが、なんと、花粉症にいいらしいのですね。

世の中花粉症の人ばかり、というにもかかわらず、取り上げられないのが、不思議です。

ルテリオンは、さまざまなアレルギー症状の改善に役立つのです。

そもそも、アレルギーの仕組みですが、

アレルギーのもと(アレルゲン)、例えば花粉です。
これが体にはいると、体内でアレルゲンに対抗するために、抗体というものができます。

この抗体が、粘膜などにある肥満細胞の表面にたまるわけですね。

それで、たまった抗体が一定量を超えると、アレルゲンと反応し始めます。

すると、肥満細胞からヒスタミンが出て、血管や神経を刺激して、鼻水、かゆみが起こります。

ルテリオンには、このヒスタミンの放出を抑える作用があるんですね。

アレルギーによる炎症が慢性化してしまうと、組織、細胞が傷つくので、がんのリスクも高くなります。
その、予防にも役立つんですね。


多く含まれる食べ物としては、

青じそ、赤じそ、カモミール、ローズマリー、
セロリ、ピーマン、セージ、ミント等です。

phyto21.jpg


さらに、シミ対策にも役立つらしいのですよ。
ベルガモットミントに含まれるルテリオン配糖体が、可能性ありという研究結果があります。

簡単にいうと、皮膚の細胞が、メラニンを取り込むのですが、その能力を抑えてくれるということなんですね。

もっとはっきりいろいろわかってくると、いいですね。


2.カテキン 万能ケミカル

カテキンの、抗酸化力は、ビタミンCやビタミンEよりも、強力です。
なんと、ビタミンEの50倍ですよ。

これを利用して、食用油、肉、魚など、脂質を含む食品の酸化防止剤にも使われます。


カテキンは、結構いろいろあってすごいんですね。

細胞膜の酸化防止 → がんの予防

血液の凝固を抑える → がんの転移防止

胆汁酸の排泄促進 → コレステロールの上昇を抑える動脈硬化

血圧、血糖値の上昇を抑制 → 高血圧、糖尿病の予防と改善

抗菌、抗ウィルス作用 → 
黄色ブドウ球菌、ボツリヌス菌、O-157、
MRSA、ピロリ菌、かぜ、インフルエンザ、
虫歯、口臭、腸内善玉菌の増加


脂肪の燃焼 → 内臓脂肪、皮下脂肪ともに有効で、肥満・脂質異常に効果


いやほんとすごいですよ。


どんなものに多いかといいますと、緑茶、ウーロン茶、紅茶、てん茶、番茶、ほうじ茶。

要するに、お茶の葉に多いということですね。
味は、苦いですけど。

冬なんかは、緑茶でうがいをするといいそうです。

phyto22.jpg

応援クリックしていただくと、うれしいです。

 にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ


ファイトケミカルとはなんてしょう?

ファイトケミカルとはなんてしょう?


今回の調査指令は、ファイトケミカルです。


ちまたで話題のファイトケミカルですが、

直訳的には、「戦う化学物質」?という感じですね。

wikiには、

「通常の身体機能維持には必要とされないが、健康によい影響を与えるかもしれない植物由来の化合物」

「植物栄養素」なんて出てました。

(引用 wikipediaより)


よくよく調べてみると...

応援クリックしていただくと、うれしいです。

 にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ





anadvertisement
ブックマークの登録
ブックマークに登録すると、
新着記事がラクラク読めるようになります♪

お気に入り登録はこちら

次回から簡単にアクセス♪


カテゴリ