富士山に登れるアンチエイジング

『定年後、元気いっぱいで、富士山に登れる若い体を手に入れたい』を目標にアンチエイジングに、健康管理に頑張ります。

睡眠のメリハリ


あなたは、睡眠時間とすっきりさがうまく合わないなんて感じていませんか。

睡眠には、質があって、メリハリがきいた睡眠が必要なんですね。

質やホルモンとの関係について、簡単に紹介します。


応援クリックありがとうございます。

 にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ



睡眠の質があるのをしっていますか?

睡眠には、レム睡眠、ノン・レム睡眠があります。

レム睡眠は、浅い眠りの睡眠です。
寝ていても、眼球がぐるぐるうごいたりしているんですね。

ノン・レム睡眠は、深い眠りです。

免疫力がたかまるのは、このノン・レム睡眠のときなんですね。

このレム睡眠とノン・レム睡眠は、90分サイクルでおとずれます。


日中は、そとで、明るい光を浴びて、就寝前の1時間ぐらいは、部屋を暗くして、すごすといいですね。

それにより、脳内のセロトニンやドーパミンなどの快感ホルモンが、うまく分泌されて、よい睡眠になっていきます。

ホルモンの働きと、自律神経の働きがバランスよくおこなわれるのです。


就寝後、体温が下がっていくとき、良い眠りにはいることができます。

だから、就寝前に入浴して、体温を上げておくといいですね。


赤い色は興奮の色で、青や緑は、鎮静の色なので、部屋は青や緑系統を多くしておくといいです。

寝れば寝るほどよいのか

アメリカの研究統計で、71617人の、心臓病ではない女性を10年間統計したものがあります。

8時間睡眠の人の心臓病発生率を100とすると、

5時間以下では、182。

6時間以下では、130。

9時間以上では、137。

寝不足も、寝すぎも良くないようです。

もちろん、食生活もあるでしょう。

睡眠から見ると、寝すぎると、副交感神経が旺盛になりすぎて、リラックスのしすぎで、体の代謝がさがり血流もわるくなってしまいます。

メリハリをつけた、儒合う分な睡眠がいいのですね。

0-41.jpg


お役にたちましたら応援クリックしていただくと、喜びです。

 にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ


関連記事
[ 2014/07/26 21:07 ] 睡眠と健康 睡眠 | TB(-) | コメント(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
anadvertisement
ブックマークの登録
ブックマークに登録すると、
新着記事がラクラク読めるようになります♪

お気に入り登録はこちら

次回から簡単にアクセス♪


anadvertisement
プロフィール

ふじやまのぼる

Author:ふじやまのぼる

ふじやまのぼるです。アンチエイジングで、
元気いっぱい、富士山に登れる若い体を手に入れるべく格闘中。

くわしいプロフィール

人気ページランキング
ブログパーツ