富士山に登れるアンチエイジング

『定年後、元気いっぱいで、富士山に登れる若い体を手に入れたい』を目標にアンチエイジングに、健康管理に頑張ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ファイトケミカルとはなんてしょう?

ファイトケミカルとはなんてしょう?


今回の調査指令は、ファイトケミカルです。


ちまたで話題のファイトケミカルですが、

直訳的には、「戦う化学物質」?という感じですね。

wikiには、

「通常の身体機能維持には必要とされないが、健康によい影響を与えるかもしれない植物由来の化合物」

「植物栄養素」なんて出てました。

(引用 wikipediaより)


よくよく調べてみると...

応援クリックしていただくと、うれしいです。

 にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ




ファイト は、戦うのではなく、

phytoと書いて植物のことだそうです...そうだったんだ..汗


期待される効果は、

★抗酸化力

★免疫力アップ

その他研究が行われています。


アンチエイジングとしては、抗酸化力に注目ですね。

免疫力アップは、丈夫な体と、健康維持です。


栄養としては、第7の栄養素と言われます。


復習を兼ねてのうんちくですが、

3大栄養素・タンパク質、糖質、脂質

5大栄養素・タンパク質、糖質、脂質、ビタミン、ミネラル

6大栄養素・タンパク質、糖質、脂質、ビタミン、ミネラル、食物繊維

7大栄養素・タンパク質、糖質、脂質、ビタミン、ミネラル、食物繊維、抗酸化物質


5大栄養素までは、摂らないと身体の維持ができないものです。

必須栄養素と言われるゆえんですね。


食物繊維、抗酸化物質は、なくても身体の維持はできるが、病気になりやすい、老化しやすい状態になるものです。

摂らなくても、欠乏症にはなりません。

健康おたくとしては、当然、注目なわけです。


ファイトケミカルは、抗酸化物質の中に含まれるのですね。

よく聞く、ポリフェノールも、ファイトケミカルの一部に含まれます。

ポリフェノールという名前も、総合した名前で、ポリフェノールに含まれる物質は、たくさんあって、正確にこれだけってわからないんですね。

たとえば、こんなかんじ。

ファイトケミカルに含まれる、抗酸化物質のポリフェノールの1種、フラボノイドは、6グループに分けられ、4000種類以上あります。

まだまだ、わかっていないことが多いのですね。

それぞれの、固有の働きは、徐々に研究が進んでます。


phytoで、植物ですから、当然野菜に注目です。

phyto11.jpg

ファイトケミカルは、植物が害虫、紫外線、病気、外敵から、身を守るために作るもので、植物にしか作れないんですね。

なので、食品、サプリで補わないとだめなんです。

また、ひとつの植物にも、数十~数百ものファイトケミカルが、含まれています。

いろいろ、成分の名前がひとり歩きしていますが、そればっかりではなく、バランスよくいろいろなものを食べるようにしたいものです。


一部、摂り過ぎに注意しないといけないものもありますから、なんでもかんでも、たくさん摂るのは、いけません。


【注意すべき成分】

・イソフラボン 【摂り過ぎ注意の話】

・ヘスペリジン 【ご注意】

・硫化アリル にんにく  【アレルギー注意】   【食べ過ぎ注意】
 
応援クリックしていただくと、喜びです。

 にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
anadvertisement
ブックマークの登録
ブックマークに登録すると、
新着記事がラクラク読めるようになります♪

お気に入り登録はこちら

次回から簡単にアクセス♪


人気ページランキング
ブログパーツ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。