富士山に登れるアンチエイジング

『定年後、元気いっぱいで、富士山に登れる若い体を手に入れたい』を目標にアンチエイジングに、健康管理に頑張ります。

若返りホルモンは、どうやってふやすのか


若返りホルモンは、ほしいです。

だれでもほしいと思いますが、どうですか。

どうやって若返りホルモンを増やせるのでしょうか。

どんな、生活習慣は、若返りホルモンを減らしてしまうのでしょうか。


応援クリックありがとうございます。

 にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ




ホルモンがさがる生活

・運動をしない
・仕事は座って行う
・テレビをみたり、新聞を読む時間が長い
・休みの日は何もしない
・家事は手を抜く
・夜ふかし
・夜にパソコンを使う
・夜食を食べる
・早起きをしない
・魚より肉を食べる
・ごはん、パン、甘いものをよく食べる
・豆、野菜を食べない
・日光にあたらない
・会話をしない
・こまかいことが気になる

3つ以上当てはまると、ホルモンは低下傾向です。

自分は、まだ5個ぐらいあります。
焦ります。


適度な運動がホルモンを増やす

少しまえまでは、軽い運動では、ホルモンはあまり出ない。

ウェイトトレーニングとか、きつい運動でないとだめだと言われてきました。

しかし、最近の研究では、スローで軽い運動でも、きつい運動と同様に、ホルモンがでることがわかってきたのです。


DHEAは、ウォーキング、ストレッチなど下半身の運動で増えてきます。

アディポネクチンは、有酸素運動で増えます。

セロトニンは、リズム運動で増えます。
リズムにのったウォーキングでもいいのです。
音楽にあわせる、エアロビックダンスも効果的です。
また、ガムをかんだり、アゴの噛む運動でも増えます。

080-undo.jpg

老化ホルモンインスリンを運動で減らす

インスリンは、運動で減少します。

運動して、インスリンが下がって血糖値が上がるのは、よくないのでは?

実際には、血糖値は下がります。

それはなぜか?

最近発見された、イリシンというホルモンが関わっています。

イリシンは、筋肉から分泌されるのです。

寒さによる震えが10-15分続いたとすると、
1時間ぐらいの適度な運動と、同じイリシンが分泌されます。

イリシンは、インスリンを直接少なくするのではなく、
インスリンの感受性を上げて、少しのインスリンで効率よく血糖値がさがるのですね。

結果として、インスリンの分泌が少なくなります。


運動のストレスにも注意です

運動も、やみくもに激しくやってもだめなんです。

かえってストレスホルモンが出て、老化してしまいます。

ストレスが少ない、スローな運動がいいのです。

もちろん、年齢、体力による個人差がありますから、

楽しく苦しくなく、続けられるものがいいですね。


いろいろな場所へ行って、ウォーキングなど楽しくできますね。

おおよそ、1万歩を目安にと言われていますが、
その時の、気分や体調で歩きましょう。


お役にたちましたら応援クリックしていただくと、喜びです。

 にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ
関連記事
[ 2014/07/18 23:07 ] ★栄養素 ホルモン | TB(-) | コメント(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
ブックマークの登録
ブックマークに登録すると、
新着記事がラクラク読めるようになります♪

お気に入り登録はこちら

次回から簡単にアクセス♪


人気ページランキング
ブログパーツ