富士山に登れるアンチエイジング

『定年後、元気いっぱいで、富士山に登れる若い体を手に入れたい』を目標にアンチエイジングに、健康管理に頑張ります。

ホルモンで若返るアンチエイジング


ホルモンということばで、つい焼き肉を連想してしまいます。

でも、そのホルモンではなく、体に必要なホルモンの話しをしましょう。

ホルモンの分泌は、年齢とともにどうしても落ちてきてしまいがち。

思い当たることは、ありませんか。

ホルモンから見た、アンチエイジングとは。


応援クリックありがとうございます。

 にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ



加齢に伴う症状

・筋力の低下
・運動能力の低下
・体脂肪率の上昇
・疲れがとれにくい
・肌のつや、はり、しわ、くすみ、しみ、たるみ
・抜け毛
・寝付き、寝起き、熟睡感
・手足の冷え
・動悸、息切れ
・感情が不安定
・食欲減退
・ひん尿

おもいあたりますか。

私もほとんどあてはまります。

これらは、若さを維持するホルモンの分泌の低下で起きる現象です。

個人差や病気もがあるので、100%そうだとは、言いきれません。

一般的にはホルモンの分泌の低下が原因とされています。


ホルモンは何に影響されるのか

確かに、年齢とともに、ホルモンの力は弱くなります。

症状の現れ方には、個人差があります。

年齢が全てというわけではないのですね。

食事、運動、睡眠などの生活スタイルも、大きな影響があります。


若返りホルモンの血中濃度

年齢より、若く見える人もいらっしゃいますね。

研究として、そういう人の若返りホルモンの血中濃度を検査すると、平均より高いのです。

また、血中濃度が高いほど、ご長寿という傾向もあるのですね。


若返りホルモンと老化ホルモン

ホルモンは、体の維持に必要なものですね。

しかし、出すぎると困る老化ホルモンもあります。

だから、若返りホルモンを多くして、老化ホルモンはあまり出ないようにしたいですよね。

070_waka.jpg


ホルモンの現状

ホルモンの研究は、日々進んでいます。

現在では、100種類以上のホルモンが発見されています。

まだ、見つかっていないホルモンもあります。

見つかったけれど、まだ働きがわからないホルモンもあります。

若返りホルモンとして、有名なところでは、メラトニン、DHEA、テストステロンなど。

老化ホルモンとしては、インスリン、コルチゾールなどがあります。


ホルモンの概要は、ご理解いただけましたか?

種類や効果、分泌など、また順を追ってお話したいと思います。


お役にたちましたら応援クリックしていただくと、喜びです。

 にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ

関連記事
[ 2014/07/16 22:39 ] 栄養素 ホルモン | TB(-) | コメント(2)
はじめまして
ブログ訪問ありがとうございました。

とても素敵な内容を書かれているのですね。
リンク貼らせていただきます。
もしよかったら、相互リンクさせていただけたら嬉しいです。
よろしくお願いします。
応援です☆☆
[ 2014/07/17 11:38 ] [ 編集 ]
いらっしゃいませ
nana様

ご訪問と応援いただきありがとうございます。

相互リンクもありがとうございます。
こちらも対応いたしました。

>とても素敵な内容を書かれているのですね。
ありがとうございます。うれしいです。

今後ともよろしくお願いします。




[ 2014/07/17 22:09 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
anadvertisement
ブックマークの登録
ブックマークに登録すると、
新着記事がラクラク読めるようになります♪

お気に入り登録はこちら

次回から簡単にアクセス♪


anadvertisement
プロフィール

ふじやまのぼる

Author:ふじやまのぼる

ふじやまのぼるです。アンチエイジングで、
元気いっぱい、富士山に登れる若い体を手に入れるべく格闘中。

くわしいプロフィール

人気ページランキング
ブログパーツ