富士山に登れるアンチエイジング

『定年後、元気いっぱいで、富士山に登れる若い体を手に入れたい』を目標にアンチエイジングに、健康管理に頑張ります。

みそ汁の効能にびっくり、糖尿病と肥満抑制効果


みそ汁といえば、国民食です。

ただ、血圧に不安がある場合は、敬遠気味ですね。

そうでなければ、みそ汁を飲んで健康になりましょう。

という、研究結果があるのでご紹介します。


あなたも、みそ汁を健康に役立ててみませんか。


応援クリックありがとうございます。

 にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ




みそ汁には、塩分が多めなので、塩分の取り過ぎで高血圧、生活習慣病が心配です。

ただ、減塩みそや、カリウムが多い野菜を一緒に食べる。

食事全体の塩分で調節するなどすれば、あまり心配なくいただけますね。


みそ汁を1日3食飲む

みそ汁を1日3食飲むことで、糖尿病の発症予防と肥満防止に効果がある可能性があるのです。

山形大学医学部附属病院第三内科グループの日本糖尿病学会年次学術総会での報告です。

・集団検診を受診した40歳以上の成人

・糖尿病患者、データ不十分の受診者を除外した、男女合計1564人が対象

・過去1カ月間の食事を調査

・血圧測定や採血を実施


データを統計分析した結果は

・男性でみそ汁を1日3杯以上飲んでいる人
・男性でみそ汁を1日2杯以下の人

3杯以上飲んでいる人のほうが、空腹時の血糖値が低くかったのです。

060-miso.jpg

大豆食品の効用

脂肪細胞から分泌されるアディポネクチンというホルモンがあります。

このホルモンは、脂肪の燃焼促進や、血糖値を低下させる働きをします。

大豆に含まれるタンパク質に、アディポネクチンの合成促進効果があるのです。

この調査で、血中のアディポネクチン値をはかったところ、

みそ汁を1日3杯以上飲んでいる男性のほうが、アディポネクチン値が高かったのですね。


男性だけ?

実際、対象者中の女性では、男性のような明らかな差はなかったのです。

ただし、女性の対象者、BMI 23未満と、23以上のグループで分け、比較してみます。

すると、23未満の女性グループです、男性と同様の傾向があったのです。


高血圧は大丈夫なの

この時の調査では、みそ汁2杯以内と3杯以上のグループでは、血圧値に大きな差はありませんでした。

ふつうの和食をみそ汁付きで食べると、糖尿病や肥満になりにくいということですね。

ただし、薬ではないのですから、飲みすぎれば、当然血圧にも影響はでますよね。

何事も、バランスよく、適度にすることが大切です。


杜仲茶にもアディポネクチンの合成促進効果があります。

塩分が要注意の場合は、杜仲茶という手もありますね。


お役にたちましたら応援クリックしていただくと、喜びです。

 にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ
関連記事
[ 2014/07/15 22:29 ] 食品 野菜 | TB(-) | コメント(1)
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2014/07/16 17:42 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
anadvertisement
ブックマークの登録
ブックマークに登録すると、
新着記事がラクラク読めるようになります♪

お気に入り登録はこちら

次回から簡単にアクセス♪


anadvertisement
プロフィール

ふじやまのぼる

Author:ふじやまのぼる

ふじやまのぼるです。アンチエイジングで、
元気いっぱい、富士山に登れる若い体を手に入れるべく格闘中。

くわしいプロフィール

人気ページランキング
ブログパーツ