富士山に登れるアンチエイジング

『定年後、元気いっぱいで、富士山に登れる若い体を手に入れたい』を目標にアンチエイジングに、健康管理に頑張ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

必須のビタミンあと2つ、葉酸、ビオチン

続きまして、

最後の2つ、葉酸とビオチンです。

ビオチンには、えらいこと、やられた記憶がありますです。


応援クリックしていただくと、うれしいです。

 にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ



8.葉酸 身体を正しく成長させます

ビタミンMとか、ビタミンB9とかの別名があります。

よく知られるところでは、妊娠中は、葉酸が大事といいますね。

医学的には、大人1日 200μg以上 に対して、妊婦さんは、400μg以上だそうです。

1μgは、百万分の1g  なので、200μg は、百万分の200gで、1万分の2g で、5000分の1g ですね。

あーややこしい。


なんの役に立つかというと、

胎児の神経管閉鎖障害を予防。
これ大事ですよね。

ほかに、成長の促進、貧血予防、動脈硬化予防、脳機能の改善など、いいことが多いです。

ただし、摂り過ぎは、副作用(過剰症)がでてしまうので、バランスに注意したいですね。
過剰症については、いろいろ研究中だそうです。


鶏レバー100gには、1300μgもあります。
目安としては、大人1日 1000μg以内ということなので、毎日、食べるとよくないかんじですね。

焼きのりにもたくさん含まれます。
vita41.jpg


9.ビオチン お肌と皮膚に

ビタミンB7とか、ビタミンHという別名があります。

お役立ち情報としては、炭水化物、脂質、たんぱく質の代謝のお助けマンです。

その他としては、皮膚や髪の毛を健康に保ち、筋肉痛をやわらげ、アトピー性皮膚炎の改善など。

また、血糖値を下げる効果にも、ひと肌脱いでくれます。

腸で善玉菌が、作ってくれる分もあるので、あまり欠乏症にならなくてすみます。

あまり聞かないと思いますが、掌蹠膿疱症という病気の治療にも、使われます。

これ、前になったんですよねー。

風疹になって、抗生物質をもらって飲んだら、腸内細菌が、死んでしまい、足の裏や手のひらに、水ぶくれができて、どんどん広がってしまいました。

最初の病院では、水虫だと言われました。

水虫薬では、治るはずもなく、1年ほど悪戦苦闘で、アレルギーバッチテストも、何回もやって、

5か所目の病院で、やっと掌蹠膿疱症だとわかりました。

ステロイド剤と、ビタミンHと書いた袋の薬をもらって飲んでました。

2週間ぐらいでほぼ症状はおさまりましたが、以降2年ぐらいは、時々水ぶくれが出てくるので、出たときだけ薬を飲んでました。

並行で、毎日飲むヨーグルトをつづけ、3年ぐらいで、ほぼ出なくなりました。

時々、水ぶくれがぼつっと出てくることもありますが、疲れを取って、ヨーグルトを食べると、収まります。

ビタミンで大事ですねー。

ちなみに、ビタミンHのHは、ドイツ語で、皮膚を Haut と書くので、そこからとったそうです。


レバーに多く含まれてます。


以上で、ビタミンの調査終了であります。

応援クリックしていただくと、喜びです。

 にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ

関連記事
[ 2014/05/15 21:48 ] ★栄養素 ビタミン | TB(-) | コメント(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
anadvertisement
ブックマークの登録
ブックマークに登録すると、
新着記事がラクラク読めるようになります♪

お気に入り登録はこちら

次回から簡単にアクセス♪


人気ページランキング
ブログパーツ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。