富士山に登れるアンチエイジング

『定年後、元気いっぱいで、富士山に登れる若い体を手に入れたい』を目標にアンチエイジングに、健康管理に頑張ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ビタミンのおいしく上手なとり方

健康な体を維持するために、なくてはならないビタミン類。
野菜に多いと知っていても、毎日同じメニューでは、せっかくの食事も、つまらないし楽しめませんよね。


そこで、ビタミンを知って、おいしく楽しく食べるコツを紹介します。

普段の食事もこれで、アクセントがつきます。

きっとおいしく、楽しくなりますよ。


応援クリックよろしくお願いします。

 にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ


β-カロテンとビタミンE

これらは、脂溶性ビタミンですね。

β-カロテンは、緑黄色野菜に多いです。

しそ、にんじん、パセリ、ほうれん草、しゅんぎく、かぼちゃなど。


脂溶性だからと言って、毎回揚げ物、炒め物にする人もいます。
これではエネルギーが高くなりすぎですね。

肉や魚と一緒に食べるだけでも、十分です。


ビタミンEは、ナッツ類や魚の卵に多いですね。

アーモンド、らっかせい、松の実、ごま、とうがらし。
あんこうのきも、すじこ、キャビア、いくら、たらこ(焼)。

卵が酸化しないように、たくさん入っているらしいです。

ごまはビタミンEのほか、抗酸化力が強いセサミノールがあります。




ビタミンB群とC は、水溶性

ビタミンB群とは、ビタミンB1、ビタミンB2、ナイアシン、パントテン酸、ビタミンB6、ビタミンB12、葉酸、ビオチンの8種の総称です。

ビタミンB群は、レバーや貝類に多いですね。のりや抹茶にもあります。
含まれる量の違いはありますが、ほとんどの食材には含まれます。
ビタミンB1は、豚肉に多いのは、有名ですね。

ビタミンB群はそれぞれ助け合いながら、脳や神経、皮膚などを健康に保つビタミンです。

また、ビタミンB群は炭水化物をはじめ、栄養素の代謝やエネルギーを作る補助をします。

肉体労働とか、エネルギーを大量に必要とする人は、意識してとりましよう。


ビタミンCは、ストレスにも効果があります。

ビタミンCと言えば、果物と思いがちですが、糖質が多いので、食べ過ぎには注意したいですね。

野菜にも多く含まれます。い

加熱すると損失されますが、それは酸化と水に溶けやすいからです。

キュウリ、ニンジンにある、アスコルビナーゼは、ビタミンCを酸化させますが、効力がなくなるわけではありません。

そのままほっておくと酸化しますが、すぐ食べれば大丈夫。

酢を使うと、アスコルビナーゼの効力が落とせます。


ビタミンC は酸っぱいイメージですが、酸っぱいの正体は、クエン酸です。

柑橘系では果実より果皮に多いですね。

010-140.jpg


食べ方バリエーション

茹でた緑黄色野菜、ホウレンソウ、小松菜、ブロッコリーなどをベースとして。

・茹でた豚肉と、プチトマト+ドレッシングで洋風に

・春雨と豚肉で炒めて、ごま油をちょっとたらして、中華風に

・春雨とすりごまであえて、レモン汁で味付け、きざみのりをかけて和風に

・キャベツの千切りとドレッシング+パセリでサラダ

・和風だしで、つみれと煮込んで、お吸い物
 味噌を入れると味噌汁です


食事にしたい場合は、春雨のかわりに、パスタ、うどんを使うとお手軽です。

すりごまのかわりに、アーモンドフレークもいいですね。

ピーナッツ、カシューナッツにすると、おつまみ風になります。

合わせる具材も、豚肉のかわりにハムや、かにかまにするだけでも、かなりのパターンになります。

お好みに合わせて、いろいろ試して楽しんでくださいね。


お役にたちましたら応援クリックしていただくと、喜びです。


 にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ

関連記事
[ 2014/07/02 23:01 ] ★栄養素 ビタミン | TB(-) | コメント(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
anadvertisement
ブックマークの登録
ブックマークに登録すると、
新着記事がラクラク読めるようになります♪

お気に入り登録はこちら

次回から簡単にアクセス♪


人気ページランキング
ブログパーツ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。