富士山に登れるアンチエイジング

『定年後、元気いっぱいで、富士山に登れる若い体を手に入れたい』を目標にアンチエイジングに、健康管理に頑張ります。

おいしい肉料理で、脂肪を取りすぎないコツ

肉料理はおいしいですよね。
子供も、肉料理が大好きというご家庭も多いと思います。

毎日の献立も、ついつい肉料理に偏りがちになりますね。

確かに、バランスが取れたアミノ酸を含む、よいタンパク質です。

ただ何もしないと、脂肪やエネルギーの取りすぎになってしまいます。

そこで、味にバラエティを付けて、余分な脂肪を落とす工夫をしてみませんか。

ちょっとの工夫で、毎日楽しい団らんをすごしましよう。


応援クリックよろしくお願いします。


 にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ




揚げ物は、エネルギーオーバー

とてもおいしい、とんかつですが、そのまま食べると元の脂肪+あげ油で、エネルギーオーバーです。

絶対だめということではありません。
回数を考えて、多くても週1回ぐらいにしておきましょう。

ポイントは、衣は厚ければ厚いほどエネルギーが高くなります。
素揚げや、から揚げなどで、揚げ油を少なくできます。
最近では、レンジでできるから揚げ粉などもありますね。


脂肪を落とす加熱法

おいしくヘルシーな肉料理にするためには、余分な脂肪をとることですね。

かんたんに取るには、蒸し料理で脂肪を落とすのもよい方法です。
でも、蒸し器の用意とか、ちょっと面倒です。

それよりは、茹でる方法が手軽です。

少量の塩、小さじ1杯ずつの酒、しょうゆでほんのりと、下味がつくように茹でます。

茹であがったら、冷ましておくと、表面に浮いた油が固まるので、それを取り除けばOKです。

焼き網を使って焼く方法も、余計な脂肪が下におちるのでよいですね。
ただし、脂肪が煙になりやすいのが難点です。

フライパンで焼く時は、樹脂加工のものを使用し、そのまま乗せると脂肪がとれます。

010-090-niku.jpg

長寿県の沖縄では、昔から豚肉を余さず食べる

今では、食の欧米化が進み平均寿命が落ちてきています。

でも以前から、沖縄では、豚肉をたくさん食べています。

「なき声以外はすべて食べる」と言われるぐらいです。


料理方法がポイントなんですね。

長時間かけて、脂肪を落としてから、食べています。

脂肪を落としてから食べることが、長寿に貢献していたわけです。

余分な脂肪はとらず、良質のタンパク質をとることがよかったのですね。


さらに心配がある場合とか、健康診断で要注意の場合は、調理前に脂肪部分を取り除いておくといいです。


味付けに工夫

脂肪をとると、口あたりや味の面でどうしても、落ちてしまいます。

落ちた、うま味のかわりに、お酢に漬け込む方法でも、新たな味わいがあります。

また、煮込み料理の場合は、洋風ならワイン、和風なら、日本酒を入れることで、固くならずに食べられます。


お役にたちましたら応援クリックしていただくと、喜びです。


 にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ

関連記事
[ 2014/06/27 22:05 ] ★食品 肉類 | TB(-) | コメント(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
anadvertisement
ブックマークの登録
ブックマークに登録すると、
新着記事がラクラク読めるようになります♪

お気に入り登録はこちら

次回から簡単にアクセス♪


人気ページランキング
ブログパーツ