富士山に登れるアンチエイジング

『定年後、元気いっぱいで、富士山に登れる若い体を手に入れたい』を目標にアンチエイジングに、健康管理に頑張ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう) 原因を突き止めろ その2

薬をのみながら、掌蹠膿疱症の原因を独自にさぐってました。

そうすると、秋田に大家がいるという情報です。

いろいろ調べた結果は、つぎのとおりです。

応援クリックしていただくと、うれしいです。

 にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ


ドクターの名前は、前橋賢 先生です。

秋田の本荘第一病院に在籍していらっしゃいます。

前橋賢先生の関連情報と、自分でかかったドクターの話を、ふじやまのぼる的個人見解でまとめると、

・手と足のひらの皮膚を作るのには、ビタミンHが必要
・ビタミンHが不足したときの皮膚に対して、掌蹠膿疱症がおきる
・ビタミンHは、腸内細菌が作る
・腸内細菌バランスが崩れるとビタミンHができない
・ビタミンHが不足した皮膚に掌蹠膿疱症がおきる

というふうに、思った訳です。

そこで、やみくもだったんですが、毎日、飲むヨーグルトを飲み始めました。

腸内細菌バランスを整えようとしたわけです。

きっと、風疹で発熱して、アレルギーのスイッチが入り、抗生物質で、腸内細菌バランスがくずれ、掌蹠膿疱症が起きた。

という結論に至ったわけです。

前橋賢 先生のプロフィール公開情報

http://www.e-resident.jp/2012/message/interview.php?No=64


本荘第一病院ホームページ

http://www.honjodaiichihp.com/

左サイドにあるメニューの、診療案内をクリックすると、出てきた画面の、中段あたりに、免疫内科というところがあります。
そこにある、医師名「前橋」という先生です。

この情報を調べた段階では、新患の場合は、完全予約制:月曜~火曜 午前のみ になってます。

今になって考えると、安易な個人的見解だったようです。

乳酸菌は、ビオチンを消費してしまうので、ダメっぽい。
しかし、ふじやまのぼるは、毎日乳酸菌を飲んでました...汗

実際の治療では、宮入菌という名前の、酪酸菌が処方されるようです。

薬品名としては、ミヤリサンとか有名ですね。


ふじやまのぼるの実感としは、ビタミンHの粉は、あまり効き目がないと感じてました。

乳酸菌のせいかどうかは、わかりませんが、感覚的にそう感じていました。

今にして思えば、乳酸菌のせいかもしれませんね。

セレスタミン錠剤は、非常によく効きました。


また、ビタミンHは、卵の白身にあるアビジンという成分と結合して、効果がなくなるそうです。

だから、生卵を多量に食べるとビオチン欠乏症になる場合があるんですね。
ゆでたまごとかにして、火を通して食べれば、大丈夫だそうです。

ふじやまのぼるの場合、生卵は食べないので、ラッキーでした。

乳酸菌の一部は、ビタミンHを栄養として食べちゃうそうです。
どれがどうなの?ということは、まだすべて解明されてません。


応援クリックしていただくと、喜びです。

 にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ
関連記事
[ 2014/06/11 22:08 ] ★病気や症状 掌蹠膿疱症 | TB(-) | コメント(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
anadvertisement
ブックマークの登録
ブックマークに登録すると、
新着記事がラクラク読めるようになります♪

お気に入り登録はこちら

次回から簡単にアクセス♪


人気ページランキング
ブログパーツ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。