富士山に登れるアンチエイジング

『定年後、元気いっぱいで、富士山に登れる若い体を手に入れたい』を目標にアンチエイジングに、健康管理に頑張ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう) 原因を突き止めろ その1

掌蹠膿疱症は、薬をのみながら、一進一退を続けていました。

しかし、原因はわかりません。

原因を最新情報で調べると、いろいろあって、確たる特定はできていないようです。

金属アレルギー、扁桃腺、腸内細菌バランス等の報告があります。

欧米は乾癬(かんせん)の一種というのが有力。
日本では乾癬とは無関係。喫煙者に多いとされてます。

扁桃腺に原因がある場合は、炎症体質の改善。

金属アレルギーの場合は、アレルゲンを取り除く。

腸内細菌バランスの場合は、善玉菌を増やしてバランスを保つ。

個人の感想では、何かの原因で、免疫バランスがおかしくなって出てくる症状と思います。

ふじやまのぼるの場合は、どうも腸内細菌だったようです。

応援クリックしていただくと、うれしいです。

 にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ


原因は何かと考えつつ、飲み薬の毎日です。

しかし、半年もたつと、毎日飲まなくてもよくなってきました。

症状が出たときに飲めばよいというふうに、変わってました。


そんな時に、テレビで情報が...

一つは、ステロイド剤の副作用について、ちょっと恐怖な放送がありました。

症状だけで言うと、
月経不順、無月経、ステロイド筋症、ムーンフェイス、副腎不全、ステロイド離脱症候群、骨粗鬆症、胃腸障害、緑内障に白内障、精神症状、脂質異常症。

その他、高血圧、ステロイド糖尿病、白血球の機能低下による、ウイルスや細菌、微生物などの感染症。

まー、これだけ見ると、怖い怖い感じです。

確かに、長期間の大量投与は、よくないでしょうが、1粒飲んだら、全部の症状が出るのかというと、そうではないのだと思います。

個人差があるのだと思います。

ふじやまのぼるの場合、3か月ぐらいは、連続で使用していましたが、特に副作用は何もありませんでした。

もう一つは、掌蹠膿疱症の番組です。

症例としては、

盲腸になり、高熱が出て、子供のころ虫歯に詰めた金属に対しアレルギーを発症したというものです。

テレビの医師の話では、手や足の皮膚は金属を取り込みやすいというような話でした。

歯に詰めていた、金属を取って、チタン製のものに変えたら掌蹠膿疱症が治ったという話です。

おおーこれかと思いましたね。
ふじやまのぼるも、小学生の時に詰めた金属があるし、風疹で熱が出ましたからね。

で、さっそく近所の歯医者さんで、チタンに変えてもらおうと思ったのです。

歯医者さんに行って、チタンにしてくださいとお願いしたのですが、アレルゲンが、歯の金属であると特定されないと、
治療はできないとのことでした。

ということで、関係ないところにあった虫歯を、ちょっとなおしてもらってその日は終了です。

そういえば、パッチテストでは、金属アレルギーはなかったので、歯の詰め物ではない可能性が、高いわけです。

では原因は、なんだ?

その頃やっと、インターネットも普及してきて、ネットでいろいろ調べたりしはじめたんですね。

そこでわかったのは、ビタミンH(ビオチン)の不足。

ビタミンHは、腸内細菌が合成する。

秋田県に、掌蹠膿疱症の大家がいるらしい。

ということでした。

ただし、秋田には行ってません。

応援クリックしていただくと、喜びです。

 にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ


関連記事
[ 2014/06/10 21:26 ] ★病気や症状 掌蹠膿疱症 | TB(-) | コメント(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
anadvertisement
ブックマークの登録
ブックマークに登録すると、
新着記事がラクラク読めるようになります♪

お気に入り登録はこちら

次回から簡単にアクセス♪


人気ページランキング
ブログパーツ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。