富士山に登れるアンチエイジング

『定年後、元気いっぱいで、富士山に登れる若い体を手に入れたい』を目標にアンチエイジングに、健康管理に頑張ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

老眼とは、そもそもどんなこと、知らないと改善できないし

老眼を改善したい、老眼はそもそもよくなるのか、などなど、思ったりしませんですか?

正直なところふじやまのぼるも、老眼を改善し、あわよくば飛蚊症も改善と欲張っています。

そのためには、老眼とはそもそも何がどうなって、起きるのか、どうしたら、よくなるのかを知らないといけません。

そこで、いろいろ調べてみたんです。

われながら、結構わかってませんでした。

応援クリックしていただくと、うれしいです。

 にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ


老眼とは、そもそも老視が正式名称なんですね。
知りませんでした。

原因としては、老化により目の水晶体の弾力が、なくなってくることなんですね。

それで、ピントが網膜にあわなくなってしまうのです。

よくよく調べると、屈折異常と調節異常という分類があるんです。

屈折異常は、眼球の大きさが、奥に向かって長かったり短かったりするもので、遠視、近視はこれによります。

長いと、網膜の手前で焦点を結んでしまい、近視という状態です。
逆に短いと、焦点が網膜の奥になるため、遠視という状態なんですね。

原因は、いろいろ説があって、これが正解というものはなく、メガネで補正して、見えるようにするわけです。

ただ、屈折異常の場合は網膜剥離など、他の合併症も、出やすいので、しっかり眼科で検診しておきたいものです。

私ふじやまのぼるの場合は、「仮性近視」という分類で、「近視」とは別物だったんです。

仮性近視は、テレビの見すぎとかで、水晶体を調節する網様体という筋肉が、緊張しっぱなしなっているためなんです。

目薬をつかったり、目を休める、遠くを見るなど、緊張をほぐすようにすると、状態が改善するんですね。


近視だと老眼にならない? → なります。

あくまで、平均といいますか、一般的に多くの場合、遠視の人の場合は、やはり老視になる年齢が早いのですね。
近視の人の場合は、遅めです。

近視だと老眼にならないは、うそで、もともと、焦点が手前にあったものが、老眼で、調節する必要がなくなってきたので、見かけのうえで、なっていないような状態なんですね。

この老眼は、調節異常といいます。

水晶体の調節が、スムースにできなくなった異常という意味なんてすね。

見えないまま、我慢していてると、目の疲れはもちろん、 肩こり、頭痛、吐き気などが、起きる症例もあるので、無理せず合うメガネやコンタクトで補正したほうがいいようです。

rogan20.jpg


ふじやまのぼるの場合は、たまたま調節する必要がなくなっている状態なんです。

このまま何もしないと、症状は進むこともあるのですが、だいたい、60歳前後で症状は、固定するのですね。

まとめると、老眼の改善には、

・水晶体の弾力を保ちたい
・焦点を合わせる毛様体という筋肉をほぐしたい

ということです。

欲張りついでに、水晶体が濁る白内障も予防したい、飛蚊症もあるので、網膜近辺の健康も保ちたい、という希望もあります。

応援クリックしていただくと、喜びです。

 にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ

関連記事
[ 2014/06/04 22:49 ] ★病気や症状 老眼 | TB(-) | コメント(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
anadvertisement
ブックマークの登録
ブックマークに登録すると、
新着記事がラクラク読めるようになります♪

お気に入り登録はこちら

次回から簡単にアクセス♪


人気ページランキング
ブログパーツ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。