富士山に登れるアンチエイジング

『定年後、元気いっぱいで、富士山に登れる若い体を手に入れたい』を目標にアンチエイジングに、健康管理に頑張ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

スルフォラファン・ブロッコリースプラウトを食べて抗酸化と癌予防、おまけに肝機能アップ

含流化合物、アブラナ組です。

アブラナ組 含流化合物

わさび、ブロッコリースプラウト、キャベツ、ケール、
カイワレ大根、チンゲン菜、カリフラワー、小松菜、
ブロッコリー、アルファルファ等に含まれます。

総称として、イソチオシアネート類の物質です。
抗酸化力があります。

効果は、スルフォラファンに代表されます。

皮膚にある、チロシナーゼがメラニン色素を作るのですが、それを抑制してくれます。
シミやそばかすの予防効果になります。

解毒酵素がつくる力を活性化するので、解毒機能が高まります。
結果、肝機能の向上につながるわけです。

ピロリ菌に対して、強い殺菌効果があります。
ピロリ菌に関する酵素を誘導し、ピロリ菌を殺菌します。

そこで、注目したいのが、ブロッコリースプラウトなんですが、ブロッコリーの発芽した新芽です。

スプラウトっていうのが、発芽した芽と茎のことで、ブロッコリースプラウトとは、ブロッコリーのもやしという感じですね。

phyto82.jpg


ブロッコリースプラウトには、生育したブロッコリーの、20~50倍の、スルフォラファンがあるんですね。
いや、すごいですねー。

その他の物質としては、ワサビスルフィニル、ワサビチオヘキシル、ワサビフラボンがあります。

ワサビスルフィニルは、スルフォラファンとおなじ、解毒作用や、血流改善、がん細胞の転移抑制、花粉症軽減、炎症抑制など。

ワサビチオヘキシル、ヒスタミン放出抑制による、花粉症軽減。

ワサビフラボンには、肌のコラーゲンを作る効果が期待されていて、研究中ですね。

ワサビスルフィニルは、生のわさびをすってその場で食べないとだめなんで、ちょっと残念です。

また、スルフォニウムクロライド(別名ビタミンU)は、キャベツにあって、胃酸の分泌を抑える働きがあります。
また、白血球を活性化し、がん細胞の抑制に働きます。

phyto81.jpg

写真は、近所のスーバーで買いました。108円(税込)。
小さなカイワレ大根という感じです。

辛みはなく、生で洗ってサラダでおいしくいただきました。


2014年3月28-30日に開催された、日本薬学会第134年会で、育毛効果への研究結果が発表されました。

今年発表の研究は、近畿大学薬学部医療薬学科公衆衛生学研究室と毛髪クリニックリーブ21の共同研究です。

日本薬学会第134年会講演ハイライト

http://www.pharm.or.jp/nenkai/134kouenhighlight_ippanab.pdf

57ページに出ていました。

引用
「今回の実験では、ブロッコリースプラウトの抽出エキスが、
 毛髪の成長シグナルを調節する毛乳頭細胞の分裂を促進し、
 遺伝子を活性化するという結果を得ました。」

いろいろ調べると、

毛乳頭細胞とは、発毛の指令を出す細胞で、実験ではそれが、1.8倍も増殖したそうです。

いやはや、すごいですね。

応援クリックしていただくと、うれしいです。

 にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ


関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
anadvertisement
ブックマークの登録
ブックマークに登録すると、
新着記事がラクラク読めるようになります♪

お気に入り登録はこちら

次回から簡単にアクセス♪


人気ページランキング
ブログパーツ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。