富士山に登れるアンチエイジング

『定年後、元気いっぱいで、富士山に登れる若い体を手に入れたい』を目標にアンチエイジングに、健康管理に頑張ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

マイオカイン、血糖値を下げ、筋肉からの若返りホルモンと成長ホルモン

こんにちは。

テレビを見てすぐに飛びつきました。

たけしの健康エンターテインメント!みんなの家庭の医学で、高橋ジョージさんが出ていました。


成長ホルモンのマイオカインです。

応援クリックしていただくと、うれしいです。

 にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ


マイオカインとは、筋肉から分泌される成長ホルモンだそうです。

マイオカインは、サイトカインの一種です。

サイトカインは意味がひろく、

・細胞から放出される
・種々の情報伝達分子
・微量生理活性タンパク質

筋肉の収縮で、血液中へ分泌されるサイトカインがマイオカインです。

またマイオカインにも100種類くらい種類があって、何もかもわかっているわけではないのですね。


「骨格筋における脂質代謝,糖代謝をはじめ,肝グリコーゲンの分解促進や膵臓でのインスリン分泌促進」

第49回日本理学療法学術大会
http://pt49-kanagawa.jp/abstracts/pdf/1552.pdf#search=%27%E3%83%9E%E3%82%A4%E3%82%AA%E3%82%AB%E3%82%A4%E3%83%B3+%E7%89%A9%E8%B3%AA%E5%90%8D%27
より引用


骨格筋における脂質代謝 → 脂肪燃焼です
糖代謝・肝グリコーゲンの分解促進 → エネルギーへ変換
膵臓でのインスリン分泌促進 → 血糖値の低下

ということですよね。

テレビで紹介していたのは、

マイオカインが、肝臓の脂肪を代謝し、脂肪肝の改善、改善された肝臓が、食後の血糖を吸収し、
血糖値の上がりすぎを抑制するというものでした。

ポイントは、糖尿病の予防ですね。

運動としては、食後に10回ほど、ゆっくりスクワットをする。

そのあと、15分ほど、ウォーキングというものでした。

いろいろ、調べると、

・ややきつい筋トレ開始後、約10分位であらわれる
・新しくできた筋肉、それもできて4か月までの筋肉からしか出ない
・上半身の筋肉からはほとんど出ない
・下半身の筋肉は、おしり、太もも、ふくらはぎ

このあたりを、総合すると、

スクワットをして、負荷をかけ、ウォーキングで有酸素運動。

下半身の筋肉で、脂肪の代謝をしつつ、下半身の筋肉を、有酸素運動で、破壊と再生で新しくして、マイオカインを出させる。

もっと言うと、出し続けさせるということですね。

テレビでやっていたように、週3~4回往復1時間歩く人のほうが、マイオカインがよく出ていましたからね。

rin01undo.jpg


ようするに、負担にならない程度に、無理なく運動を続けるのがいいことなんですね。

うーん、勉強になりました。

電車では座らないようにしようかな?と、思ったりしました。

応援クリックしていただくと、喜びです。

 にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ
関連記事
[ 2014/05/20 22:52 ] ★栄養素 ホルモン | TB(-) | コメント(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
anadvertisement
ブックマークの登録
ブックマークに登録すると、
新着記事がラクラク読めるようになります♪

お気に入り登録はこちら

次回から簡単にアクセス♪


人気ページランキング
ブログパーツ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。