富士山に登れるアンチエイジング

『定年後、元気いっぱいで、富士山に登れる若い体を手に入れたい』を目標にアンチエイジングに、健康管理に頑張ります。

新年おめでとうございます

新年おめでとうございます

今年は、愛宕神社にいってきました。

190105_2.jpg



応援クリックありがとうございます。

 にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ


愛宕山(標高26m)山頂にあって、京都の愛宕神社が総本社だそうですね。

東京23区でもっとも標高が高いというのもおどろきです。


防火・防災に霊験のある神社です。
今年は、災害がないといいですね。

主祭神 火産霊命(ほむすびのみこと)
配祀    罔象女命(みずはのめのみこと)
      大山祇命(おおやまづみのみこと)
      日本武尊(やまとたけるのみこと)
      将軍地蔵菩薩(しょうぐんじぞうぼさつ)
      普賢大菩薩(ふげんだいぼさつ)
     天神社(てんじんしゃ)

ここから4列で並んで、いきます。

190105_1.jpg


最後尾からは、約1時間ほど並びました。





こちらは、出世の石段

190105_2.jpg

寛永11年、江戸三代将軍、家光公が将軍家の菩提寺である芝の増上寺にご参詣のお帰りに、
ここ愛宕神社の下を通り、

家光公は、梅を目にされ、 「誰か、馬にてあの梅を取って参れ!」と

石段をパカッ、パカッ、パカッと登る者が

あの者は誰だということになり、
「四国丸亀藩の家臣で曲垣平九郎(まがき・へいくろう)と申す者でございます」

「馬術の稽古怠りなきこと、まことにあっぱれ」ということで、

平九郎は見事、山上の梅を手折り、馬にて石段をのぼり降りし、家光公に梅を献上。

平九郎は家光公より「日本一の馬術の名人」と讃えられ、
その名は一日にして全国にとどろいたということです。

勇気があったんですね。



応援クリックありがとうございます。

 にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ



関連記事
[ 2019/01/05 09:13 ] ★こんにちは 日々と雑感 | TB(-) | コメント(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
ブックマークの登録
ブックマークに登録すると、
新着記事がラクラク読めるようになります♪

お気に入り登録はこちら

次回から簡単にアクセス♪


人気ページランキング
ブログパーツ