富士山に登れるアンチエイジング

『定年後、元気いっぱいで、富士山に登れる若い体を手に入れたい』を目標にアンチエイジングに、健康管理に頑張ります。

フラバノングループ、ナリンギンでダイエット、ごまのリグナン、生活習慣病を予防せよ

続いてフラバノンの代表選手、

ナリンギン

ナリンギンとは、ファイトケミカルで、
ポリフェノールに分類され、
その中のフラバノングループの中の物質です。

効能、効果としては、食欲の抑制です。

苦味成分があって、これが食欲を抑制し、満腹感を得やすくしてくれます。

その結果、ダイエットにつながるわけですね。

血栓の防止と、血中脂肪酸の分解作用があります。

さらに、血管の抵抗力を高めてくれます。
血管の細胞の結合を丈夫にするので、血管そのものも、丈夫にしてくれます。

その結果、血流の改善につながります。


また、アレルギー抑制効果も持っています。
症状の緩和と、免疫力を高めウイルスへの抵抗力も、強くしてくれます。

ありがたいのは、生活習慣病ですね。

抗酸化作用によって、活性酸素の増加を抑えます。
コレステロール値を抑える効果もあるので、活性酸素による、コレステロールの酸化も抑えられるのですね。

お肌の美白については、どうでしょう。
メラニンの産生を抑制する研究結果もあり、効果期待ですね。

多く含まれる食品は、柑橘系で、みかん、グレープフルーツ、レモン、オレンジ、夏みかん、はっさくなどですね。

phyto51.jpg


食べる部分に注目です。

実よりも、袋やすじの部分に多いのですね。

袋には、実の50倍、すじにはなんと、実の300倍も含まれます。

ナリンギンの含有量ですが、グレープフルーツなど、ジュース100ccあたり10mgから80mg。種類により違います。


6.リグナン ごまは大切

リグナンも、総称名でポリフェノールの仲間です。

セサミン、セサミノール、セサモール、セサモリノール、セサモリン、などがあります。

また、これらの物質は、ごまに含まれるリグナンということで、ゴマリグナンとも、言われます。

当然、ごまにないリグナンもあって、ポドフィルムという植物の根にある、ポドフィロトキシンは、抗がん剤にも利用されます。

ゴマリグナン

ゴマリグナンの仲間は、だいたい同じ効果を持ってます。

肝臓の機能を助けてくれます。
アルコールの代謝の働きを助けて、肝臓の負担を軽くします。
また、脂肪を燃やすためのサポートもしてくれます。

善玉(HDL)コレステロールの増加、悪玉(LDL)コレステロールを減らしてくれます。

血圧を下げる働きがあり、高血圧の予防になりますね。

抗酸化作用が高いので、ガン予防と抑制する効果も期待されてます。

phyto61.jpg


亜麻リグナン

亜麻仁(アマニ)別名アカゴマ に含まれるリグナンが、亜麻リグナンです。
亜麻仁の種の部分で、赤いごまのようなので、アカゴマとも言うわけです。

代表は、難しい名前ですけど、セコイソラリシレジノールジグルコサイドと言います。

これは、女性ホルモンの、エストロゲンと同様の働きを持つので、

更年期障害の症状の緩和と改善、骨粗しょう症予防、コレステロール値を下げます。

内臓脂肪量減少、血液中の中性脂肪低下により、肥満予防にも効果が期待です。

ダイエットにもつながるんですね。

ただし、女性ホルモンの働きをしますから、摂り過ぎは、副作用があります。

イソフラボンの【摂り過ぎ注意の話】を参照してくださいませ。

phyto62.jpg

応援クリックしていただくと、うれしいです。

 にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ


関連記事
[ 2014/05/19 22:53 ] 栄養素 ファイトケミカル | TB(-) | コメント(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
anadvertisement
ブックマークの登録
ブックマークに登録すると、
新着記事がラクラク読めるようになります♪

お気に入り登録はこちら

次回から簡単にアクセス♪


anadvertisement
プロフィール

ふじやまのぼる

Author:ふじやまのぼる

ふじやまのぼるです。アンチエイジングで、
元気いっぱい、富士山に登れる若い体を手に入れるべく格闘中。

くわしいプロフィール

人気ページランキング
ブログパーツ