富士山に登れるアンチエイジング

『定年後、元気いっぱいで、富士山に登れる若い体を手に入れたい』を目標にアンチエイジングに、健康管理に頑張ります。

二次性高血圧とはどんなこと

生活習慣と関連する、本態性高血圧のほかに

二次性高血圧というものがあります。

それは、どんなことなのでしょうか。



180305_2.jpg



応援クリックありがとうございます。

 にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ


二次性高血圧とは、腎臓、内分泌ホルモンなど、病気がもとで起きる高血圧です。

180703_2.jpg


腎臓の病気では、2パターンがあります。

急性・慢性糸球体腎炎
腎盂腎炎
糖尿病性腎症など

いずれも腎臓の障害で、
身体から塩分を排せつする機能が低下する病気です。

血液中の塩分が過剰になって
血液中の水分が増加、
血液量が増えて血圧が上がります。


180703_1.jpg




腎臓の動脈硬化
大動脈炎症候群
腎動脈の血栓症など


どれも腎臓の動脈の血行障害の病気です。

腎臓の毛細血管で血行障害が起こり、
レニンと呼ばれる血圧を調整するホルモンが出ます。
そして、血液中に血管を収縮するアンジオテンシンIIというホルモンが増え、
心臓の拍動を増え、血圧が上昇します。



内分泌(ホルモン)の病気

原発性アルドステロン症

腎臓の横にある「副腎」の良性腫瘍や異常な増殖が原因です。
副腎の副腎皮質からアルドステロンというホルモンが過剰に出て、
身体に塩分が溜まりやすくなり、血液量が増えるために血圧が上がります。

その他
クッシング症候群
甲状腺機能亢進症(こうじょうせんきのうこうしんしょう)
という病気も原因になります。

いずれも、ホルモンの分泌異常から血圧が上がります。

これらは、元の病気をしっかり治したいですね。

180703_3.jpg



応援クリックありがとうございます。

 にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ



関連記事
[ 2018/07/03 07:29 ] ★病気や症状 高血圧 | TB(-) | コメント(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
ブックマークの登録
ブックマークに登録すると、
新着記事がラクラク読めるようになります♪

お気に入り登録はこちら

次回から簡単にアクセス♪


人気ページランキング
ブログパーツ