富士山に登れるアンチエイジング

『定年後、元気いっぱいで、富士山に登れる若い体を手に入れたい』を目標にアンチエイジングに、健康管理に頑張ります。

高血圧と関連する病気

高血圧は、何かと体に良くない感じがします。

しかし、高血圧そのものでの自覚症状は、あまり出にくいものです。

怖いところは、知らない間に、
重い病気のリスクを高めてしまうところですね。

特に気づかないうち、心臓・脳・血管の病気のリスクを高めてしまいます。

なので「サイレントキラー」といわれています。

どんな病気のリスクにつながるのでしようか。


180403_1.jpg




応援クリックありがとうございます。

 にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ






1.動脈硬化

血圧が高い状態が続いていると、
圧力にたえられるよう、だんだんと血管の壁は硬く厚くなり、
血管の内部が狭くなってしまいます。

この状態が、動脈硬化で自覚症状はほとんどありません。

それが進むと、より強い圧力が必要で、心臓の拍動も高まり、
さらに血圧が... という悪循環です。


2.心筋梗塞

動脈硬化の結果、血のかたまり(血栓)が血液の中に流れ出したりします。
これが、心臓の冠動脈に詰まって、心筋(心臓の筋肉)に血液が流れなくなり、
心臓の働きが急に弱まり、心臓の細胞が壊死していきます。

急激な胸の痛み、呼吸困難、吐き気などが生じて、危険な状態になります。
緊急の治療を必要とします。


180403_3.jpg






3.脳卒中(脳梗塞、脳出血、くも膜下出血)

脳梗塞・脳出血・くも膜下出血は、まとめて脳卒中と呼ばれます。

血栓が脳の太い血管に詰まり、血液が流れなくなるのが脳梗塞です。
詰まって血液が届かなくなった部分の、脳の細胞が壊死してしまいます。

脳の血管で、動脈硬化で硬くもろくなった部分の血管が破れて出血するのが脳出血です。

脳を覆う3層の髄膜のうち、脳に接しているくも膜の下で出血するのが
くも膜下出血です。

脳卒中になると、顔や手足の左右どちらかだけの運動や感覚の異常が急に怒ったりします。
一刻も早く専門医療機関の受診してください。


4.慢性腎不全

高血圧から動脈硬化が進むと、毛細血管が狭くなって血流が滞り、
腎臓の機能が徐々に低下。

やがて、腎機能が著しく低下すると、
夜間の尿量の増加・疲労・食欲不振・むくみ・息切れ・
皮膚のかゆみなど腎不全の症状が出てきます。

180403_2.jpg



ざっと代表的なものを、調べただけでもいろいろありました。

転ばぬ先の杖ではありませんが、高血圧には注意したいものです。





応援クリックありがとうございます。

 にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ



関連記事
[ 2018/04/04 07:21 ] ★病気や症状 高血圧 | TB(-) | コメント(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
ブックマークの登録
ブックマークに登録すると、
新着記事がラクラク読めるようになります♪

お気に入り登録はこちら

次回から簡単にアクセス♪


人気ページランキング
ブログパーツ