富士山に登れるアンチエイジング

『定年後、元気いっぱいで、富士山に登れる若い体を手に入れたい』を目標にアンチエイジングに、健康管理に頑張ります。

冬の朝 確実にスッキリ目覚めたいなら

最近は、めっきり寒くなり、東京でも大雪が降り白銀の世界となりました。

ますます、朝は布団から出にくくなってきましたね。

そんなときでも、すっきり目覚めて
布団から出る方法があります。


180203_1.jpg



応援クリックありがとうございます。

 にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ



実は、目覚めが最も悪いのが、12月と言われます。

ある調査結果によると、約3万人の男女を対象にした結果、

12月のスヌーズ機能の使用回数は平均1.52回。

少ないのは7月の1.14回。

10月から12月にかけて増加傾向。

年齢別では、20代が最も回数が多く、平均2.61回。
男性よりも女性のが回数が多い。


180203_3.jpg



そこで、 寝起きが悪い理由について。

もちろん「寒さ」が関係しています。

体の内側の、深部体温が最も低いのは、だいたい朝4時前後。

そして、少しずつ体温が上がり、6時から7時あたりに目覚めるという
リズムになっています。

でも、朝の気温の低さ、生活習慣の乱れにより
体温が上がらないことで、スッキリと目覚めないということになります。



180203_2.jpg




ではどうすれば、いいのでしょうか。

スヌーズ機能をオフにする。

実は、スヌーズ機能は寝起きを悪くしてしまう、大敵だった訳です。

最も深い眠りは、普通、寝始めて3時間以内に出現します。

朝のスヌーズ機能により、起きたり寝たりを繰り返すと、

深い眠りが、朝方出現してしまうということがわかっています。

1度目のアラームで目覚め、体温が上昇傾向..
でも、その後また眠ってしまうと、
体温や血圧が下がって、休息モードへ。

その後の、スヌーズ機能で深い睡眠中に、また起こされる結果となって、
寝起きが最悪になってしまいます。



できれば、アラーム時計は使わない。

東南向きに窓がある場合は、太陽光で起きられるようにするのが、モアベターですね。

窓がなくても、さまざまなメーカーから、
光目覚まし時計が発売されていますから、利用してみるのもいいでしょうね。



エアコンを起床30分前にセットしておき、

起きるときに、室温が16度以上になるようにすると

起きやすいです。


180203_4.jpg



応援クリックありがとうございます。

 にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ



[ 2018/02/03 05:30 ] ★睡眠と健康 目覚め | TB(-) | コメント(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
ブックマークの登録
ブックマークに登録すると、
新着記事がラクラク読めるようになります♪

お気に入り登録はこちら

次回から簡単にアクセス♪


人気ページランキング
ブログパーツ