富士山に登れるアンチエイジング

『定年後、元気いっぱいで、富士山に登れる若い体を手に入れたい』を目標にアンチエイジングに、健康管理に頑張ります。

睡眠の質を下げないようにいたしましょう

最近よく眠れていますか?
質のよい睡眠は成長ホルモンを分泌し、老化防止に役立ちます。


171125_4.jpg



夜10時から深夜2時ぐらいがよいという話も、一時ありましたが、
最近では睡眠のゴールデンタイムは、眠り始めの3時間を指すのが
一般的になってきたようです。

質のよい睡眠を作るために、普段の習慣が影響しているようです。


応援クリックありがとうございます。

 にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ




睡眠を妨げるNG習慣

171125_2.jpg



1. 朝食にスムージーだけではダメ

スムージーが流行りはじめ、朝はスムージーだけの置き換えダイエットをという方も多いようです。

朝起きてすぐのスムージーというのは、体を冷やしてしまう点がよくないようです。

1日のはじめが不調だと快眠に繋がりにくくなるので、
朝は体を温める、お味噌汁がいいのだそうです。
また、ホットスムージーにして、冷やさない工夫をしてもいいですね。



2.夕方のジョギングは眠りの妨げ

夕方以降のハードな運動は、交感神経を目覚めさせ体温を上げ過ぎて、
寝つきが悪くなる原因に。

重めの運動をしたい場合は午後4時ぐらいまでがいいようですね。

夕方の運動は、軽めのウォーキング、ストレッチ、ヨガなどがいい感じです。


171125_3.jpg



3.夕方以降の眠気防止にコーヒーはダメ

夕方になると仕事の疲れで、頭がぼーっとしたり。
眠気覚しにコーヒーを...

コーヒーを飲んで、効果が出るまで15~30分くらいといわれます。
さらにコーヒーに含まれるカフェインの持続効果は5~7時間といわれます。

夜11時頃ベッドに入る場合は夕方4時以降はコーヒーはNGです。



4. 寝る前2時間の飲酒

アルコールが入ると眠くなるため、寝つきが良くなるかと思いがちですね。

実際は、逆効果で、アルコールを摂取してから数時間経つと、
交感神経が刺激され覚醒作用を引き起こします。

飲酒は寝る3時間前までに。




171125_1.jpg




では、睡眠の質を高める習慣。


1. 朝は水で顔をと手を洗いましょう

朝起きて、水で顔と手を洗い、眠っていた細胞を起こす。
シャキッと目覚めることで、夜の眠りにつながります。


2. ねまきは通気性がよいもの、裸に近いほどよい

締め付けがなく、通気性のよいものを選ぶことにより、
寝ている間の老廃物の排泄もよくなります。

睡眠中の体温調整やリンパの流れもよくなります。


171125_5.jpg




3. 20分の昼寝で寝つきがよくなる

昼寝時間の目安は20分。
30分以上寝てしまうと、夜寝つきが悪くなったり睡眠の質が悪くなってしまいます。

寝すぎに気をつけてください。
午後14~16時の時間帯がお昼寝に最適で、それを過ぎての昼寝は、寝つきを悪くしてしまうばあいがあります。





他にも、寝る前にアイスを食べて、体温が下がり眠りにはよいとか
べつに、アイスでなくても、脂肪が少ないシャーベットや冷やしトマトで、
ついでにダイエットですね。

171125_6.jpg



応援クリックありがとうございます。

 にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ

関連記事
おはようございます。
私も少し睡眠には不安があります。
いつも5時間くらいで目が覚めてしまします。
理想は6時間くらいは熟睡したいのに。
今日の記事、とても参考になります。
[ 2017/11/25 07:12 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
tontonさん

コメントありがとうございます。

いろいろためして、よりよい睡眠になると
いいですね。

[ 2017/12/02 05:45 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
ブックマークの登録
ブックマークに登録すると、
新着記事がラクラク読めるようになります♪

お気に入り登録はこちら

次回から簡単にアクセス♪


人気ページランキング
ブログパーツ