富士山に登れるアンチエイジング

『定年後、元気いっぱいで、富士山に登れる若い体を手に入れたい』を目標にアンチエイジングに、健康管理に頑張ります。

風邪をひいたとき、お風呂にはいっても大丈夫?


風邪をひいている時に、お風呂に入ってもいいのでしょうか?

一般的には、だめっぽい感じがしますが、
どうなんでしょうか。

このことに関する、研究は少ないんだそうです。

171026_1.jpg


応援クリックありがとうございます。

 にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ








なんとなく、よくない感じがして、やめてますよね。

特に、子どもはよく風邪をひきますから、都度悩んだりしますね。


171026_2.jpg



さて、現場のドクターはどのように判断しているでしょうか?

2000年に発表された小児科医に対する調査論文によると、

88%の小児科医が「風邪の時の入浴を許可する」と回答。
12%の小児科医は「入浴を許可しない」と回答。


さらに、許可すると回答した小児科医の中で、
無条件に許可するドクターと、
・発熱が無い
・重大な症状がない
・風邪にかかってすぐではない
等のを条件をもとに、入浴を許可するドクターもあり、いろいろなんですね。



また、
風邪の時にお風呂に入ったグループ
お風呂を控えたグループ
風邪の治りを比べた研究もあるんですね。

で結局は、どちらも風邪の治りが変わらないということに...


171026_3.jpg




昔は「風邪の時はお風呂を控える」ということが普通でした。
なんとなく、おばあちゃんの知恵的な感じで、一般的にはそうですね。

高齢のドクターほど風邪の時の入浴を許可しないという回答だったのです。

なぜかというと、一般家庭の住宅事情と関係があるのです。

だんだんと、一般家庭にお風呂ができるようになったのは、1960年代。

それまでは、かぐや姫の神田川ではありませんが、銭湯が普通でした。
入浴後は歩いて帰宅です。冬には湯冷めしますね。

湯冷めは風邪を悪化させる原因となります。
このようなことで、風邪の時はお風呂を控えるのが、一般的になったといわれます。

ただしくは、風邪の時は銭湯に行って帰りに湯冷めしないことになります。


重い症状がなく、湯冷めの心配がなければ、家庭のお風呂でいいわけです。


通常は、
・体温が37℃程度の微熱
・体調がある程度良い時
であれば、疲れない程度に40℃程度のお風呂にさっと入り、
湯冷めしないようにゆっくり休む。

のどや鼻の不快な症状に、お風呂の湯気も、いいようですからね。


171026_4.jpg



ただ、他の病気が絡んでいることもあるので、
素人判断をせず、一応ドクターに入浴の確認しましょう。

[ 2017/10/26 06:23 ] ★健康法 | TB(-) | コメント(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
ブックマークの登録
ブックマークに登録すると、
新着記事がラクラク読めるようになります♪

お気に入り登録はこちら

次回から簡単にアクセス♪


人気ページランキング
ブログパーツ