富士山に登れるアンチエイジング

『定年後、元気いっぱいで、富士山に登れる若い体を手に入れたい』を目標にアンチエイジングに、健康管理に頑張ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

唐辛子のカプサイシン・ほんとは毒扱いってホントですか?


唐辛子のカプサイシンというと、脂肪の燃焼を促進して、ダイエットに効果的。

こんなイメージではないでしょうか。

サプリメントも出ているぐらいですから、いいものに違いない、という思い込みは危険です。

実は、韓国産キムチを輸入禁止にしている国もあるのです。


カプサイシンの正しい使い方と、危険な一面.....


応援クリックありがとうございます。

 にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ



スポンサーサイト

役立つサポニンその効能


実際に役立つサポニンには、どんなものがあるんでしょう。

どんな、食べ物に入っているんでしょう。

じっくり読んで、うまく使ってくださいませ。



応援クリックありがとうございます。

 にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ



サポニンの正体、毒まで幅が広い。だまされないでくださいね


最近では、サポニンって、なんかいいものという感じで、たくさん出ています。

よくよく調べると、単純にそうでもないんですね。

毒の場合もあるんです。

ちゃんと知っておきたいですね。


応援クリックありがとうございます。

 にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ



イカタコなのに植物ケミカル タウリンで肝機能をアップ


飲み会で、肝機能が心配ではないですか。

冬は忘年会、夏はビアガーデンと、肝臓は年中無休です。

そんなあなたに進めたいのが、タウリンです。


このタウリンは、魚介に多いのですが、植物ケミカルになってます。

タウリンで、肝機能をアップして、おまけに便秘とむくみも解消しましょう。


応援クリックありがとうございます。

 にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ



しょうがパワーで体がポカポカ、ジンゲロール


冬は寒いし、夏でもクーラー効きすぎで冷えますね。
冷え性でお困りではないですか。

冷え性といえば、しょうが。
しょうがと言えば、からだが温まる。

実は必ずそうでもないんです。

そんなしょうがの成分、ジンゲロールの正体。

正しく知って、うまく使わないと、あたたまらないのです。

身体がぽかぽかする、使い方紹介します。


応援クリックありがとうございます。

 にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ



フコイダン、海そうでネバネバ、効果・効能、がんに効果?

テレビでも、最近話題になったこんぶの健康成分。

フコイダンのうんちくについて、いろいろ調べてみました。

胃がんの原因ともいわれる菌にも
効果があったとは、驚きです。

それは...

応援クリックしていただくと、うれしいです。

 にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ



(β)ベータグルカンと酵母、まいたけの関係、がんにも効果はあるか

謎の物質 グルカン。

10.グルカン

グルカンというものは、謎が多いですね。

まずは、正しく認識されている部分から。

グルカンとは、食物繊維です。

難しくなりますが、「糖」が「グリコシド結合」で、どんどんつながると、多糖類というものになります。

多糖類に、その結合のしかたで、αグルカン、βグルカンという分類があります。

αグルカンには、グリコーゲン、デンプン、デキストリンなど。

βグルカンには、ラミナラン、カードラン、カロース、セルロースなど。

食物繊維なので、普通は消化されないイメージですが、デンプンなんかは、酵素で分解されて、エネルギーのもとになりますね。

デンプンは、普段食べるお米に入ってます。

問題は、βグルカンです。

がんに効くということで、サプリメントも人気になっているのですが、はたしてほんとなんでしょうかね?

抗酸化力による、予防という話なら納得できますけど、治すとなると、ちょっとあやしい感じが、しますよね。

それで、あれこれ調べてみました。

発端は、神戸薬科大学の微生物化学研究室の、難波 宏彰教授による研究です。

βグルカンで、糖の結合パターン分類で、β1,3-グルカンというものがあり、舞茸から抽出したものがあります。

舞茸から抽出した物質ということで、フラクション(抽出物の意味合い)としました。
最初にとれたのが、A-フラクション、4番目にとれたのが、D-フラクション。

これを、マウスに実験投与したところ、がんが小さくなったというものです。

それで、D-フラクションに、舞茸のMを付けて、「MDフラクション」。雪国まいたけの命名です。

MDフラクションは、株式会社 雪国まいたけの登録商標です。

D-フラクションは、β1,3-グルカンにタンパク質がくっついてます。

舞茸からの抽出方法は、株式会社 雪国まいたけが特許を持っています。

いろいろサプリがあるようですが、「MD-フラクション」という表示を見ると個人的には?と思います。
細かく調べたわけではないですが、雪国まいたけさんから、許可をもらったりしていれば、OKですね。

phyto111.jpg


実際は、人間のがんにも効果があるかは、研究中のようですね。

βグルカンが、免疫細胞を活性化して、がん細胞に効果があるかどうか、いろいろ研究がされています。
よい報告もあります。

とりあえず、食物繊維なので、糖質の吸収抑制には効果が認められていて、その結果、血糖値の上昇抑制や、糖尿病の予防には、いいのですね。

また、食物繊維不足の場合の便秘にも役立ちます。

βグルカンが多く含まれるのは、しいたけ、まいたけ、なめこ、まつたけ、パン酵母。

グルカンがどうのこうのより、焼きしいたけ、なめこの味噌汁、まつたけのお吸い物など、おいしく食べくたくなりました。

応援クリックしていただくと、うれしいです。

 にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ


リコピンとは、トマトの力で、効果・効能は抗酸化力100倍で美肌に

赤い皇帝、リコピン。

9.リコピン

リコピンは、カロテノイドの一部の、カロテンというグループのメンバーです。

リコペンといういい方もありますけど、日本ではリコピンですね。

多く含まれるのは、トマト、スイカ、ケチャップ、柿、パパイヤ、赤ピーマン、グレープフルーツのルビー種、ローズヒップ。

赤い色がポイントですが、イチゴにはありません。

天然の色素で無害なので、着色料にも使われます。

ヨーロッパで「トマトが赤くなると医者が青くなる」といいます。
それぐらいトマトは、栄養豊富。リコピンもその一つです。

脂溶性なので、脂質と一緒に食べると、吸収がよくなります。

トマトの場合、よく熟すと未熟なときに比べて、リコピンは、10倍ぐらいになります。

さらに、生トマトより、ケチャップ、ジュース、ペーストなど、加熱した状態が体内に吸収されやすいのです。
それは加熱で、構造が変わるからですね。

phyto101.jpg


ローズヒップは、トマトの8倍のリコピンがあります。
すごい量です。しかし、トマトL玉2個ぐらいで、1日に必要とされる15mgを摂れるので、あまり話題にならないのかもしれませんね

リコピンには、強力な抗酸化力があり、それはβ-カロテンの2倍、ビタミンEの100倍になります。

がん細胞の成長の阻害、発がん物質の働きを抑えたりします。

悪玉(LDL)コレステロールの酸化を抑えます。
それにより、血液どろどろを予防して、血流の改善をしてくれます。

それが、動脈硬化、高血圧、糖尿病などの予防につながり、生活習慣病予防と改善にも、役立ってくれます。

血流の改善は、代謝を活発にして、肥満予防にも役立ちます。

強力な抗酸化力は、皮膚の表皮、真皮、皮下組織の代謝を正常にして、ハリとツヤを保ち、美肌効果の効果が期待できます。

某メーカーさんの研究では、

・メラニン生成細胞にリコピンを添加したら、作られるメラニン量が減少。
 ビタミンEと一緒にすると、さらに効果的だそうです。

・マウスにリコピンを与えておくと、日焼けの赤みが軽減。

・トマトジュース毎日1缶3か月飲んだ人は、角質層が改善し目の下のシワが減少。

すごいですね。

韓国ではこれに注目し、成分リコピンを配合したパック用フェイスマスクがあるそうです。

リコピンはルテインとの相互作用で、白内障や黄斑変性症の予防に、一役かってくれます。目の健康にも役立ちますね。



【面白情報】

いろいろ調べていて、見つけました。

東京の、小田急線経堂に、「ワイン食堂 リコピン」というお店があるんですね。
ワインのポリフェノールもいいですねー。

ベイビーレイズという、女性アイドルグループ。
メンバーの、大矢梨華子(おおやりかこ)さんの、ニックネームが、
リコピンというそうです。

奥が深い。

応援クリックしていただくと、うれしいです。

 にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ

ルテインとは、効果と飛蚊症の原因を知って、くいとめるには

今回は、ルテインです。いつまでも目を健康にしましょう。

8.ルテイン

ルテインとは、葉の葉緑体とか、動物の卵黄・黄体にある、黄色の色素のことをさしているんですね。

なので、ルテインというと卵巣関連の記事も多く出てきます。

それは、また別途「うんちく」として。

ここでは、野菜にあるルテインのお話です。

ルテインは、カロテノイドの一部の、キサントフィルというグループのメンバーです。

マリーゴールドのような、黄色の花、ほうれん草、かぼちゃ、にんじんとかの緑黄色野菜、植物の緑の葉にあります。

phyto91.jpg


多く含まれるのは、ほうれんそう、ブロッコリー、ケール、芽キャベツ、リーフレタス、ニンジン、グリーンピース。

加工とかで、ルテインがなくなってなければ、ケールの青汁は、よさそうですね。


同じ仲間に、ゼアキサンチンがあって、ルテインと一緒になって、働きます。
ルテインと一緒に、野菜に入ってます。

ルテインは目の水晶体、目の奥の壁の黄斑部という場所にあります。
何をしているかというと、紫外線や活性酸素から目を守ります。

ルテインは最初は、体に存在していますが、体内で作れないので、壊れた分は食べないとだめですね。

なくてもいいのですが、白内障、黄斑変性症や、飛蚊症になりやすくなってしまいます。

黄斑変性症は、目の奥の光が当たる部分である、黄斑部が、こわれてきて、ものを見たとき、まんなかへんに黒い点が見えてきます。
ほっておくと、失明も...こわいですね。

ルテインとゼアキサンチンを補給することで、黄斑部の健康維持につながります。

黄斑変性症、その初期症状の飛蚊症の防止に役立ちます。

医学的には、1日に6mg以上がいいのですが、病気予防には10mg程度といわれています。

しかし、ミニトマト650個以上にんじんなら20本以上ですから、ちょっと無理ですね。

ルテインはビルベリー(ブルーベリーの一種)のエキスと一緒に摂ると、吸収がよくなるといわれてます。

脂溶性なので、脂質と一緒にすると、吸収がよくなります。


また、白内障の予防・改善効果も期待されます。
ルテインは、有害な光線を吸収するので、水晶体の濁りを防止してくれます。

そして、抗炎症作用も持っているので、炎症の抑制、ぶどう膜炎などの眼病を予防する効果もあります。


ルテインは人間の皮膚にも、含まれています。
これは、酸化、光のダメージから肌を守ってくれますが、この時に、こわれていってしまいます。

ルテインの補給で、美肌効果もあるんですね。

その抗酸化力で、皮膚がん、大腸がんの予防効果も期待されます。


いいことづくめですが、摂り過ぎはどうなんでしょう?

まだ、研究が進んでいないところでもあります。

天然ルテインでは、副作用はみられません。

ただし、石油から作る合成ルテインは、目のかゆみ、腫れ、咳、喘息、胸焼けなどの可能性が報告されています。

飲酒や喫煙の場合、副作用の可能性が高いという結果もあります。

アメリカ農務省は、1日4mgから7mgを基準としています。

厚生労働省基礎研究班の確認では、1日35mgを1週間摂取しても、問題がなかったそうです。



【誤解しないための、うんちく】

黄体細胞の場合の、ルテイン

ルテイン細胞とは黄体細胞と行って、卵巣の黄体をつくっている細胞のことです。

妊娠中に受精卵からHCG(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)というホルモンが出て、卵巣の黄体細胞が、腫れたりすることがあります。

これを、ルテイン嚢胞といいます。

一般的に、ホルモンのピークを過ぎる、妊娠8~10週以降に、5cmより小さくなっていれば、経過を見るだけになりますが、主治医とよく相談するように、してくださいませ。

応援クリックしていただくと、うれしいです。

 にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ


スルフォラファン・ブロッコリースプラウトを食べて抗酸化と癌予防、おまけに肝機能アップ

含流化合物、アブラナ組です。

アブラナ組 含流化合物

わさび、ブロッコリースプラウト、キャベツ、ケール、
カイワレ大根、チンゲン菜、カリフラワー、小松菜、
ブロッコリー、アルファルファ等に含まれます。

総称として、イソチオシアネート類の物質です。
抗酸化力があります。

効果は、スルフォラファンに代表されます。

皮膚にある、チロシナーゼがメラニン色素を作るのですが、それを抑制してくれます。
シミやそばかすの予防効果になります。

解毒酵素がつくる力を活性化するので、解毒機能が高まります。
結果、肝機能の向上につながるわけです。

ピロリ菌に対して、強い殺菌効果があります。
ピロリ菌に関する酵素を誘導し、ピロリ菌を殺菌します。

そこで、注目したいのが、ブロッコリースプラウトなんですが、ブロッコリーの発芽した新芽です。

スプラウトっていうのが、発芽した芽と茎のことで、ブロッコリースプラウトとは、ブロッコリーのもやしという感じですね。

phyto82.jpg


ブロッコリースプラウトには、生育したブロッコリーの、20~50倍の、スルフォラファンがあるんですね。
いや、すごいですねー。

その他の物質としては、ワサビスルフィニル、ワサビチオヘキシル、ワサビフラボンがあります。

ワサビスルフィニルは、スルフォラファンとおなじ、解毒作用や、血流改善、がん細胞の転移抑制、花粉症軽減、炎症抑制など。

ワサビチオヘキシル、ヒスタミン放出抑制による、花粉症軽減。

ワサビフラボンには、肌のコラーゲンを作る効果が期待されていて、研究中ですね。

ワサビスルフィニルは、生のわさびをすってその場で食べないとだめなんで、ちょっと残念です。

また、スルフォニウムクロライド(別名ビタミンU)は、キャベツにあって、胃酸の分泌を抑える働きがあります。
また、白血球を活性化し、がん細胞の抑制に働きます。

phyto81.jpg

写真は、近所のスーバーで買いました。108円(税込)。
小さなカイワレ大根という感じです。

辛みはなく、生で洗ってサラダでおいしくいただきました。


2014年3月28-30日に開催された、日本薬学会第134年会で、育毛効果への研究結果が発表されました。

今年発表の研究は、近畿大学薬学部医療薬学科公衆衛生学研究室と毛髪クリニックリーブ21の共同研究です。

日本薬学会第134年会講演ハイライト

http://www.pharm.or.jp/nenkai/134kouenhighlight_ippanab.pdf

57ページに出ていました。

引用
「今回の実験では、ブロッコリースプラウトの抽出エキスが、
 毛髪の成長シグナルを調節する毛乳頭細胞の分裂を促進し、
 遺伝子を活性化するという結果を得ました。」

いろいろ調べると、

毛乳頭細胞とは、発毛の指令を出す細胞で、実験ではそれが、1.8倍も増殖したそうです。

いやはや、すごいですね。

応援クリックしていただくと、うれしいです。

 にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ


ブックマークの登録
ブックマークに登録すると、
新着記事がラクラク読めるようになります♪

お気に入り登録はこちら

次回から簡単にアクセス♪


人気ページランキング
ブログパーツ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。