富士山に登れるアンチエイジング

『定年後、元気いっぱいで、富士山に登れる若い体を手に入れたい』を目標にアンチエイジングに、健康管理に頑張ります。

唐辛子のカプサイシン・ほんとは毒扱いってホントですか?


唐辛子のカプサイシンというと、脂肪の燃焼を促進して、ダイエットに効果的。

こんなイメージではないでしょうか。

サプリメントも出ているぐらいですから、いいものに違いない、という思い込みは危険です。

実は、韓国産キムチを輸入禁止にしている国もあるのです。


カプサイシンの正しい使い方と、危険な一面.....


応援クリックありがとうございます。

 にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ



役立つサポニンその効能


実際に役立つサポニンには、どんなものがあるんでしょう。

どんな、食べ物に入っているんでしょう。

じっくり読んで、うまく使ってくださいませ。



応援クリックありがとうございます。

 にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ



サポニンの正体、毒まで幅が広い。だまされないでくださいね


最近では、サポニンって、なんかいいものという感じで、たくさん出ています。

よくよく調べると、単純にそうでもないんですね。

毒の場合もあるんです。

ちゃんと知っておきたいですね。


応援クリックありがとうございます。

 にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ



イカタコなのに植物ケミカル タウリンで肝機能をアップ


飲み会で、肝機能が心配ではないですか。

冬は忘年会、夏はビアガーデンと、肝臓は年中無休です。

そんなあなたに進めたいのが、タウリンです。


このタウリンは、魚介に多いのですが、植物ケミカルになってます。

タウリンで、肝機能をアップして、おまけに便秘とむくみも解消しましょう。


応援クリックありがとうございます。

 にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ



しょうがパワーで体がポカポカ、ジンゲロール


冬は寒いし、夏でもクーラー効きすぎで冷えますね。
冷え性でお困りではないですか。

冷え性といえば、しょうが。
しょうがと言えば、からだが温まる。

実は必ずそうでもないんです。

そんなしょうがの成分、ジンゲロールの正体。

正しく知って、うまく使わないと、あたたまらないのです。

身体がぽかぽかする、使い方紹介します。


応援クリックありがとうございます。

 にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ



若返りホルモンは、どうやってふやすのか


若返りホルモンは、ほしいです。

だれでもほしいと思いますが、どうですか。

どうやって若返りホルモンを増やせるのでしょうか。

どんな、生活習慣は、若返りホルモンを減らしてしまうのでしょうか。


応援クリックありがとうございます。

 にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ



[ 2014/07/18 23:07 ] ★栄養素 ホルモン | TB(-) | コメント(0)

ホルモンで若返るアンチエイジング


ホルモンということばで、つい焼き肉を連想してしまいます。

でも、そのホルモンではなく、体に必要なホルモンの話しをしましょう。

ホルモンの分泌は、年齢とともにどうしても落ちてきてしまいがち。

思い当たることは、ありませんか。

ホルモンから見た、アンチエイジングとは。


応援クリックありがとうございます。

 にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ



[ 2014/07/16 22:39 ] ★栄養素 ホルモン | TB(-) | コメント(2)

ビタミンのおいしく上手なとり方

健康な体を維持するために、なくてはならないビタミン類。
野菜に多いと知っていても、毎日同じメニューでは、せっかくの食事も、つまらないし楽しめませんよね。


そこで、ビタミンを知って、おいしく楽しく食べるコツを紹介します。

普段の食事もこれで、アクセントがつきます。

きっとおいしく、楽しくなりますよ。


応援クリックよろしくお願いします。

 にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ



[ 2014/07/02 23:01 ] ★栄養素 ビタミン | TB(-) | コメント(0)

フコイダン、海そうでネバネバ、効果・効能、がんに効果?

テレビでも、最近話題になったこんぶの健康成分。

フコイダンのうんちくについて、いろいろ調べてみました。

胃がんの原因ともいわれる菌にも
効果があったとは、驚きです。

それは...

応援クリックしていただくと、うれしいです。

 にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ



(β)ベータグルカンと酵母、まいたけの関係、がんにも効果はあるか

謎の物質 グルカン。

10.グルカン

グルカンというものは、謎が多いですね。

まずは、正しく認識されている部分から。

グルカンとは、食物繊維です。

難しくなりますが、「糖」が「グリコシド結合」で、どんどんつながると、多糖類というものになります。

多糖類に、その結合のしかたで、αグルカン、βグルカンという分類があります。

αグルカンには、グリコーゲン、デンプン、デキストリンなど。

βグルカンには、ラミナラン、カードラン、カロース、セルロースなど。

食物繊維なので、普通は消化されないイメージですが、デンプンなんかは、酵素で分解されて、エネルギーのもとになりますね。

デンプンは、普段食べるお米に入ってます。

問題は、βグルカンです。

がんに効くということで、サプリメントも人気になっているのですが、はたしてほんとなんでしょうかね?

抗酸化力による、予防という話なら納得できますけど、治すとなると、ちょっとあやしい感じが、しますよね。

それで、あれこれ調べてみました。

発端は、神戸薬科大学の微生物化学研究室の、難波 宏彰教授による研究です。

βグルカンで、糖の結合パターン分類で、β1,3-グルカンというものがあり、舞茸から抽出したものがあります。

舞茸から抽出した物質ということで、フラクション(抽出物の意味合い)としました。
最初にとれたのが、A-フラクション、4番目にとれたのが、D-フラクション。

これを、マウスに実験投与したところ、がんが小さくなったというものです。

それで、D-フラクションに、舞茸のMを付けて、「MDフラクション」。雪国まいたけの命名です。

MDフラクションは、株式会社 雪国まいたけの登録商標です。

D-フラクションは、β1,3-グルカンにタンパク質がくっついてます。

舞茸からの抽出方法は、株式会社 雪国まいたけが特許を持っています。

いろいろサプリがあるようですが、「MD-フラクション」という表示を見ると個人的には?と思います。
細かく調べたわけではないですが、雪国まいたけさんから、許可をもらったりしていれば、OKですね。

phyto111.jpg


実際は、人間のがんにも効果があるかは、研究中のようですね。

βグルカンが、免疫細胞を活性化して、がん細胞に効果があるかどうか、いろいろ研究がされています。
よい報告もあります。

とりあえず、食物繊維なので、糖質の吸収抑制には効果が認められていて、その結果、血糖値の上昇抑制や、糖尿病の予防には、いいのですね。

また、食物繊維不足の場合の便秘にも役立ちます。

βグルカンが多く含まれるのは、しいたけ、まいたけ、なめこ、まつたけ、パン酵母。

グルカンがどうのこうのより、焼きしいたけ、なめこの味噌汁、まつたけのお吸い物など、おいしく食べくたくなりました。

応援クリックしていただくと、うれしいです。

 にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ


anadvertisement
ブックマークの登録
ブックマークに登録すると、
新着記事がラクラク読めるようになります♪

お気に入り登録はこちら

次回から簡単にアクセス♪


人気ページランキング
ブログパーツ